Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS Landscape of LAOS 11

<<   作成日時 : 2005/08/23 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
写真はラオス南部シーパンドンにあるコーン島とデット島の間に架かる橋。

元々はラオスがまだ、フランス領インドシナだった頃、物資輸送のために植民地政府が造った蒸気機関車の鉄道橋である。

蒸気機関車は第2次世界対戦で進駐した日本軍によって撤去され、線路もデット島の一部に残るのみであるが、橋は未だに両島を行き来する島民と観光客に役立っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日、ソウルから帰ってきました。
春川−利川と雨の多い旅行でした。

さて、写真、橋の上面が水平に見えるので水道橋かと思いました。鉄道橋も同様ですね。橋の性格から、水平に造る必要があります。
そういえばルアンパバーンのカーン川の鉄橋も水平橋ですね。道路橋もそういう性格があるかもしれません。
ろっきい
2005/08/24 00:18
>ろっきいさん
お帰りなさい。お疲れ様でした。
日本もこれから台風のようですよ(ーー;)
Gucchi
2005/08/24 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
Landscape of LAOS 11 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる