Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS OLYMPUSの魅力

<<   作成日時 : 2005/12/16 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像仕事でOLYMPUSを使っているというと珍しがられる事も多いです。

昨日も他のカメラマンから
「え?OLYMPUSを使ってるんですか、珍しいですね」
と言われました。

まあ、確かに自分の周りのプロカメラマンでもCANON、NIKONのカメラを使ってる人が圧倒的に多いのは事実です。

「メーカーとのお付き合い」もあり、なかなか他のメーカーに鞍替えするというのも難しいのと、プロの場合、カメラは趣味ではなく、あくまで仕事の道具という認識もあるため、減価償却や収支の問題もあり、仕事で必要なものしか買わない。
良さそうだからといって、新しく別のシステムを組むというのは、ものすごく余裕のある人しか行わないものなのです。

だから、今までCANONを使っていた人は、またCANONのボディを買うのでしょうし、5Dを買って今度はD200などという事はまずありえない事です。

まあ、という背景もあって、アマチュアの人よりプロのほうが自分が使っているメーカー以外のカメラの事は殆ど知らない。

結果、上記のような
「よくわからないな〜」
というような発言が生まれるわけ。

が、自分は確信犯でOLYMPUSを選らびました。

一つは自分の仕事形態。
自分の場合は取材が多く、アウトフィールドでの撮影も余儀なくされます。
そのため、ボディ、レンズも含め防滴防塵設計であるOLYMPUS E-SYSTEMはとてもありがたい存在と言えます。
先日も雨の降る中、E-1を使って雑誌の撮影をこなしましたが、他社のカメラであったらボディにシャワーキャップなどをかませ、レンズにもビニールをかけるなど、相当な苦労を強いられた事でしょう。

また、ボディに内蔵されたダストリダクションシステムは、メンテナンスのために定期的にサービスセンターで清掃作業をしてもらうといった煩わしさからも開放してくれます。

「絞るとゴミが写るから絞りはF8ぐらいまで」

といった制約もなく、絞りたい時はF22まで絞る事だって可能です。

でも、他のメーカーを使っているプロは、こういう情報は知らないんですよね〜。
(OLYMPUSを)使っている理由を聞かれて、こういう事を話すと
「え?そうなんですか、それはいいですね〜」
と、大抵そういう答えが返ってきます。

撮像素子が他のメーカーのものより小さいという事実もあるのですが、自分は一長一短だと思っています。
解像度という点では確かに大きいほうが有利な気がします。
「バックがボケにくい」
そういう面も確かにあります。
が、逆に言えば素子のサイズが小さいという事は、それだけボディを小型化できるのでしょうし(それによって機動性は良くなる)、ボケにくいという事は被写界深度が深いという事で、つまりそれほど絞らなくてもピントの合う範囲を深くできるという事です。

これはマクロ撮影や暗い室内などで威力を発揮します。

フォーサーズは35mmサイズの撮像素子と比べ、2段ほど被写界深度が深いと言われていますが、例えば室内の撮影で、ある程度深度を稼ぎたい場合、フォーサーズではF5.6、1/30secという露出だったとして、同じ深度を35mmで得ようとするとF11、1/8secという手持ち不可能なシャッタースピードになってしまいます。

自分の場合はポートレート撮影でも、絞り開放で撮る事があまりなかったので、F4程度の深度を確保しているZDのF2.0シリーズは実質的に十分と考えています。
激しく重いですが…(^_^;)

(写真はE-1+ZD7-14mmF4。35mm換算で14-28mmのズームレンズ。水平を取って撮影するとびっくりするほど歪みのでないレンズです。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
35mm換算で14-28mmってスゴイ!
ラオスの広大な風景を撮ったら気持ちよさそうですね。

そうそう、ボーナス出たので銀塩カメラデビューを
果たしました(中古で購入)。
少しずつ勉強していきたいです。

あしたのマオラオ、楽しみしてます!

主任
2005/12/16 13:44
そろそろ旅カメラをデジタル一眼にしようと考えています。
E−1の後継機発売に期待です!
世間と違ってボーナスは年1回のせこい会社なので発売されても来夏まで買えないのが哀しいところですが・・・・。
ito-ani
2005/12/16 22:57
>主任

でも、このレンズ、使いこなしが難しくて、風景だと持て余すんです。
ラオスで使ってみたい気もするんですが…。
取り敢えず明日、マオラオ会全景を撮ってみます(^o^)丿

銀塩はやると、もっと写真を勉強できますよ。
頑張ってください。
Gucchi
2005/12/17 00:01
>ito-aniさん

タイ旅行記、楽しく拝見してます。
E-1後継機、確かに良さそうですね。
次のログで紹介している岩合光昭さんの写真は、全て現行E-1で撮影しているものですが、フォーサーズの500万画素機でもここまで大きく伸ばせるのか?と驚く写真の数々です。
Gucchi
2005/12/17 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
OLYMPUSの魅力 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる