Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ボー・ミー・アナーコット(未来がない)

<<   作成日時 : 2006/02/19 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ビエンチャン滞在2日目。

今のビエンチャンは日本の初夏のような陽気で、さほど暑くもなく快適です。

それにしても、しばらく来ない間に、ずいぶんといろんな店ができています。
そんな中で目を惹くのが日本食レストラン。
ここ数年の内にどんどん増え、今、ビエンチャン市内に10店舗近くあります。

最初の頃は旅行会社などの資本で個人経営は珍しかったのですが、
今は個人経営の店が主流のようで、それぞれが自分の拘りで、ただ日本食を出すだけじゃなく、
内装や雰囲気も個性的な店が増えています。

こうやって以前、訪れた町に来ると、以前行った店やゲストハウスにも顔を出すのですが、
ほんと、ラオスは移り変わりが激しくて、以前流行っていたからといって、それが何時までも続くという訳ではなく、割と呆気なくつぶれていたりする。

そのへんは、ラオス人の特色とも言えるが、あんまり先の事まで考えず、今が良ければ良い的なところで生きているため、商売が繁盛している時に車を買ったり家を建てたり、果ては最悪、肝心な商売のほうが疎かになったりする。
(サービスが悪くなれば当然、そういうのに敏感な外国人観光客の足は遠のく訳なのだが、商売をやっているほうはそれに気づかない)
加えて、ここ数年、どんどん増えるホテル、レストラン、ゲストハウス。
これらは当然新しいほうがきれいで、設備も整っている場合が多い。
老舗の宿などは相当な努力をしないと、これら新しいところに適わないのである。

が、ラオス人は上記のように先の事はあまり考えていない。

以前、ルアンパバーンで宿をやっていたが、今はつぶれて細々とジュース屋台などをやっている人に会ったが、彼女は
「ソーク・ボー・ディー」(運が悪かった)
と言うだけだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボー・ミー・アナーコット(未来がない) Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる