Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 育ち

<<   作成日時 : 2006/02/28 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昼間、前に泊まったパクセーの宿に顔を出したら、
「夕飯を一緒に食べよう」
と言われ、ご馳走になってしまいました。

ご飯を食べながら、ここのご夫婦といろんな話をしたのですが、長い事、宿をやっていると、さすがにいろんな旅行者が来るそうです。

普通の旅行者は問題ない。
でも、礼儀を知らない旅行者には、とぼけて「Full」と言って帰すそうです。

と、ちょうど食事を終えた頃、欧米人のツーリストがやって来て
「部屋は無いか?」
と聞いてきたのですが、宿の主人は
「Sorry, Today is Full」
と言って断っていました。

と言うのもこの旅行者、泥だらけの自転車をゲストハウスのレセプションまで入れたのです。
ちゃんと入り口に
「Take off your shoes please」
と書いてあるのに…。

本人はもちろんわからないのですが、人に嫌がられる人にはならないほうがいいですね。

この間、バンコクでも友人と似たような話をしたのですが、タイ、ラオスなどで従業員が態度が良くないところが時々ありますね。
でも、彼らの多くは自分自身がきちんとしたサービスを受けた事がないのです。

自分が前にロングステイしていたチェンライのGHでもそうでしたが、従業員が外国人の客がいるテーブルを雑巾で拭いたので
「なんでそんなので拭くんだ」
と言った事があります。
きょとんとしてました。

彼にはオーナーに頼まれて日本語や英語、更には接客や勧誘の仕方なども教えていたので、あとでやんわりと説明しましたが、結局はそういう教育を受けていないので、わからないのも当然の話です。

ゲストハウスで働いても、市場と同じやり方しか知らないのです。

こういうのは親の教育や周りの環境によるところが大きいのですが、今のところ、現地の人のイメージは
「日本人は礼儀正しい」
という事で、得てして評判がいいです。

でも最近は日本でも親の教育が行き届いていないなどと言われているので、近い将来、この評判がどうなるかはわかりません。

「コンニープン・ボー・アウ」
と言われるようになったら悲しいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育ち Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる