Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ&ラオニュース最新版

<<   作成日時 : 2006/03/24 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

少ないけど、今回仕入れた現地の情報をまとめて書きます。

まず、ビエンチャンで行われていたラオス人民革命党の第8回党大会ですが、カムタイ議長が退任し、後任はチュンマリ副大統領に決まりました。
ちょうど僕が南部からビエンチャンに戻って来たのが党大会の前で、通りには赤い垂れ幕がずらっと掲げられ、
「あ、こんなに警察官がいたんだ?」
というぐらい、あちこちに警官が立っていて、ビエンチャンはちょっとした厳戒体制でした。

政治ネタでいうと、タイも今大変な事になっていますが、バンコクでも連日のように反対派、賛成派、それぞれのデモが行われ、そのお陰で道は大渋滞になっています。
聞いた話では、いよいよ王様の登場もあり得そうです。

旅ネタでは、ブログにも書いたとおり、国際バスや国内のVIPバス路線が充実してきました。ラオス。

タイとの間の国際バスは現在、

・ビエンチャン(タラート・サオ)〜ノンカーイ(バスターミナル)
・ビエンチャン(タラート・サオ)〜ウドンターニー(バスターミナル)
・ビエンチャン(市内)〜ドンムアン国際空港〜カオサンロード
・ビエンチャン(市内)〜チェンマイ
・ビエンチャン(市内)〜チェンライ

・ルアンパバーン〜バンコク

・パクセー(LAK2)〜ウボンラチャタニー

という路線があって、使用しているバスはいずれも豪華な2階建てバスです。

ベトナムへは

・ビエンチャン〜ハノイ
・ビエンチャン〜ダナン

・サワンナケート〜ハノイ、ビン、ダナン、フエ、ドンハ

というルートのバスが、

中国(モンラー)へは

・ビエンチャン
・ルアンナムター
・ウドムサイ

からバスが出ています。

更に国内のVIPバス路線は

・ビエンチャン〜パクセー
・ビエンチャン〜ルアンパバーン

という二つの路線に4〜5社のバス会社がバスを運行させています。
値段はパクセーが13〜18$、ルアンパバーンが10〜15$ぐらいです。

他にビエンチャン〜バンビエン、バンビエン〜ルアンパバーンでツーリストバスも運行中。
大きなバスとマイクロバスがあって、マイクロバスのほうが値段は高いです。

また、国境情報でいうと、いくつか新たな国境が外国人にも開放されました。

・パクサン(ラオス・ボリカムサイ県)-ブンカン(タイ・ノンカーイ県)
・タイチャン(ラオス・ポンサリー県)-ソブン(ベトナム・ソブン県)
・ナメオ(ラオス・フアパン県)-バンルーイ(ベトナム・タンホア県)
・ナパオ(ラオス・カムムアン県)-チャロ(ベトナム・クアンビン県)

タイ国境は他にも
・サナカーム(ラオス・ビエンチャン県)-チェンカン(タイ・ルーイ県)
が開放される様子ですし、
ベトナム国境は
セコーン県ダクチュンとアタプーからのルートも近々開放される予定です。

また、これはしばらく時間がかかりそうですが、タイのチェンコンからルアンパバーンに直接入るルートを作るため、サヤブリー県に新しい道路を建設する予定もあります。

それから、使わない人には全く興味のない話かもしれませんが、ラオスは今、携帯電話(M-Phone LAO TELECOM)の通話料金が激安です。
なんと、日本だろうがアメリカだろうが世界中どこにかけても

1分2000Kip!

日本円に換算すると約23円という事になりますが、50000Kipのカードを買っておけば、かなり持ちます。

ちなみに一部のインターネットカフェでは、自分の携帯電話を1分3000Kipほどで使わせています。

それからビエンチャンではATMの機械が使えるようになってました。
僕は昨年行ってないのでよくわかりませんが、いつからだろう?
ただ、使えるカードはVISAなど、一部のカードに限られるようですし、タイみたいにあちこちにあるというわけでもありません。
ラオスキップのほかに米ドルも出るという話でしたが…。

バンコクの新空港「スワンナプーム」は、今年6月に完成予定で、空港から市内までのアクセスは今まで以上に悪くなります。
一応、ハイウェイやBTSなんかの建設も進んでいますが、地元タイ人の間でも開港までには間に合わないだろうという意見が一般的です。
それにしてもスワンナプーム…サワンナケートじゃん。

あー、あと、おっきいニュースでは、今月21日の深夜、バンコクそごう前にある有名な祠「エラワンプーム」が精神異常者の男によって破壊されました。

この祠は、タイ人に最も人気のある祠で、たとえバスに乗っていてもここの前を通る時は必ず手を合わせるほど人気があったところなのですが、今は白い布が掛けられ、中に入れないように入り口の柵も閉められています。

その男はどうなったか?というと、それを目撃していた男二人が取り押さえ、殴り殺してしまったそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な情報ありがとうございます。
随分と国際バスがありますね。
次回の旅にはいろいろと選択肢が増えて助かります。
引き続き「旅モード」のブログを楽しみにしています。
ito-ani
2006/03/25 16:01
なお、LAO TELECOMは50000Kipカードで2ヵ月有効です。これを2枚チャージしても有効期間は2ヵ月以上には延びません。その代わり、有効期間が切れてもまたチャージすれば、残っていたKipが復活して、再度使える由。いま有効期間が1年延びるプロモーションをやっている、タイのOne-2-Cllより便利かも。
KARIN
2006/12/13 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ&ラオニュース最新版 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる