Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 変わりゆくラオス

<<   作成日時 : 2006/04/01 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像ラオスは今回、2年ぶりの訪問となったので、特にビエンチャンなどの変わり様には目を見張るものがあった。

まず、話には聞いていたが、自分の目では初めて見たドンチャーン・パラス・ホテル。
デザインそのものはなんですが、やはり、メコンの中洲にちゅど〜んと建つその姿は凄いですね。
なんでもこのホテルの下には近い将来、ショッピングセンターもできるようです。

街の変わり様という事で言ったら、とにもかくにも道がきれいになったというのがあります。

初めてビエンチャンに行ったのは、今からもう11年も前の事になりますが、その頃のビエンチャンは首都なのに未舗装路がいっぱいあって、夕方には対岸のタイに沈む夕日を眺めながら、裸電球を灯した屋台でビアラオを飲んだものでした。

対岸のタイの町はシーチェンマイという町ですが、以前はこのシーチェンマイの町のほうが明るく、シーチェンマイからビエンチャンを見ると、
「うわ〜、本当にビエンチャンは静かで何もないなぁ〜」
などと思ったものでしたが、今はそんな事ありません。

「ラオスの良さ」
というと、多くの旅行者が
「何も無いのがいい」
「人がいい」
と言いますが、ビエンチャンもどんどん都会になってきて、
素朴なラオスを楽しみにして来た人にとっては居心地の悪い町になってしまうのかもしれません。

今回、知り合ったトゥクトゥクのドライバーは、
「ビエンチャンはあと10年経ったらタイになってしまう」
と、ちょっと極端な事を僕に言いました。

「一国の首都であるビエンチャンでも、今は周りの人みんなが知り合いで、だからこそ助け合ったり、お互いを信用する事ができる」
「でも、いろんな人がビエンチャンに移って来て、周りに知らない人が多くなると、人を信用できなくなる」
「それは、なんだか残念で、悲しい事だね」

(写真は渋滞する朝のランサーンロード)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年、ビエンチャンに行った時は建設中でしたね、そのホテル。変わりすぎないうちにラオスに行っておいた方がよいみたいですね。今年度の長期休暇もラオスかな。
ito-ani
2006/04/02 10:52
田舎は大丈夫です。
是非、ラオスの田舎に(笑)。
Gucchi
2006/04/03 10:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
変わりゆくラオス Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる