Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ラオスの歌姫 3

<<   作成日時 : 2006/09/17 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

3人目はAluna Thavongsouk(アルーナ・タヴォンスック)。

彼女は歌手でありがなら、他の歌手に楽曲の提供や、家族が営むリゾートホテルのゼネラルマネージャーもしています。

デビューは2004ですが、歌手になる前はオーストラリアに留学。
卒業後、ヨーロッパ旅行中に「歌手になる事を決めた」そうです。
音楽家だった父親、家族で経営するリゾートホテル、一人旅の中で様々な想いを巡らせた結果が歌手とリゾートホテルのマネージャーという二束の草鞋。
歌の仕事はビエンチャン、マネージャーの仕事はバンビエンという生活をしています。

歌唱力、表現力の高さは折紙付きで、ラオス国内では実力派という位置づけ。
国内の若い歌手からも慕われています。

国外ではアメリカでツアーを行いましたが、今年9月初来日。
「日本語の歌はとても叙情的で、英語の歌とは違う」
「私にとってはとても新鮮で、勉強になる」
と語ってくれました。

(写真、ONE ASIA CONCERT in Omotesando FAB)

画像


彼女と最初に会ったのはビエンチャンの“ON THE ROCK”というライブハウスでしたが、その時は会話をする事もありませんでした。

ただ、彼女の音楽は以前から聴いていて、一度、生で聴いてみたいと思っていたところだったので、その偶然に驚きながら、撮影を行ったという感じです。

9/5に東京、表参道でライブを行うために初来日。
その後、当ブログでも紹介の通り、数日間彼女に付き合って、あちこち一緒に行ったのですが、行動力があり、臨機応変。
それはもとから彼女が持っていたものに加えて、数多くの海外経験から来ているものでしょう。

日本食は大好きと言い、何でも食べましたが、中でも彼女のお気に入りは「山葵」。
「香りがいい」
と言って、他の人の分までもらって食べていました。
今度、山葵園とかに連れて行ってあげようかな。

わからない事があればすぐに聞くのも彼女の特徴で、山葵、鳥居、駅のアナウンス、どうもどうも…いろんな事を聞かれました。
Ogenki Desu-Ka?Aluna-San Desu.
帰国後、彼女から届いたメールにはそう書いてありました(^_^;)

(写真は翌日、打ち上げに行った新宿の町屋和食 京町しぐれで)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルーナは本当にプロデュースもできる新しいタイプのシンガーですよね。アジアの音楽が変わっていく時代であると感じさせられますね。
aki
2006/09/17 21:40
アルーナは歌唱力も表現力もバツグン!行動も発言もサバサバしていて、しっかりした女の子です!
Gucchiさんの書いている通り、好奇心旺盛で質問小僧のアルーナは”Gucchi san の「san」は何?”と聞くから”Something like Mr. or Miss or Ms....”と説明したら、”Oh, I see. Aki san, Shinon san, Aluna san...."とやっていました(笑)
メールの最後に自分でAluna sanと書くのが可愛いですよね!
Shinon
2006/09/18 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラオスの歌姫 3 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる