Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型機続々

<<   作成日時 : 2007/10/24 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


いよいよ噂されていたOLYMPUSのE-1後継機「E-3」も発表となり、これでほぼ各メーカーの新型デジタル一眼レフカメラが出揃う形となった。

今、カメラ雑誌を買うと、大体どの雑誌でもこれら、新型カメラの記事を掲載している。

オリンパスユーザーの自分にとっては、このE-3、待ちに待った期待のカメラなのだが、残念ながら、まだ実機に触れていない。
11/3の発表会に誘われたので、そこで実際に触ってみようと思う。

さて、デジタル一眼レフが普及しだしてから、まだ10年ほどだと思うが、相次いでこれだけ多くの新型カメラが発表&発売されるのは初めての事だと思う。

各社とも過去の、いわゆる旧型のカメラをブラッシュアップし、新技術を導入し、より使いやすく高性能なカメラを出してきたと思うが、そのメーカー独自の技術というのは、カメラを購入する上で重要なファクターにもなる反面、自分が使っているメーカーでは採用されていない技術だと、そのためだけに他のメーカーのカメラを買うというわけにもいかず、大変悩ましい問題である。

まあ、そこが他のメーカーとの差別化であり、売りでもあるわけで、その垣根を取っ払う事は難しいと思うが、このカメラに他のメーカーのこの技術も入っていたら…と考えてしまう事も多々ある。

自分がオリンパスを選んだのは、まあ、知り合いがいたり、E-1を買った当時は自分の撮影フィールドに於いて他の選択肢がなかったというのがある。
実際、E-1は買ってからノーメンテナスで、故障もなく、ゴミが写る事もなかった。
今でも買って大正解だったと思っている。

しかし、当然の事ながら、どんどん技術は進歩し、その効き具合はともかく、他のメーカーからも撮像素子に付くゴミ対策を施したカメラや、防塵防滴ボディなどが登場して、仮にオリンパスを持っていなくて、今、新規にカメラを購入するんだったら大変悩ましかった事だろう。

今は、とにかくオリンパスが気に入っているし、別に2本立てで行く予定もないんだけど、それでも他のメーカー製のカメラについてはチェックしたりはしている。

そんな中で大変気になるのが、NikonのD3&D300である。
Nikonがいいなぁ〜と思うのは、E-1も実はそこが気に入っているんだけど、まず、ハードの良さがある。
剛性も含め、とにかくボディがしっかりしている。

更に今回気になっちゃったのが、 1005分割RGBセンサーを使用した新開発「シーン認識システム」である。
簡単にいうと、AF時に被写体が動いても、その被写体のカラーパターンを記憶し、フォーカスを合わせ続ける機能で、過去にも動体予測機能を謳ったカメラはあったけれど、カラーパターンを記憶というのは初めて。

自分の撮影ではそれほど動体撮影が多いわけではないが、今までMFでやってた事がAFで、
しかも精度が良いのであれば、なんとも魅力的な技術である。

まあ、自分が買うのはE-3なんで、周りにいる友人のカメラマンたちが買ったら、それとなくどれぐらい使えるのか聞いてみよう。

画像


写真はOLYMPUSから送られて来たE-3体感フェアのお知らせと、先日富士周辺の森で拾ってきたどんぐり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いろんなところで重たいだ、
スペックが低いだの(割に高い)言われていますが
私もカメラ屋に並んだらまず触ってみるところから。
個人的にはそんなに重たいかなぁと思います。
uracci
2007/10/24 20:19
やっと発表されましたね。
待ちきれず他社のを購入して使っていますが、期待以上の出来で、かなり誘惑されます。
ito-ani
2007/10/28 13:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型機続々 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる