Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 風景がもったいなくて…。

<<   作成日時 : 2008/02/01 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


僕は車での移動中、ほとんど寝ない。

昨年12月のジプシークイーンのツアーに同行した時も、メンバーから
「川口さん、寝ませんね〜」
と言われたが、実は意識して寝ないようにしている。

子供の時も電車に乗ると、車窓の風景を眺めているのが好きだった。
が、網膜剥離という病気を経験してからは、意識して、(ひょっとしたら、もう2度と見れないかもしれない)風景をよく見ておこうと思うようになった。

時にラオスの自然はダイナミックで、旅の中で見る自然の風景に圧倒される事がある。

そんな中で今回は、シェンクアン県のポーンサワン発、ボリカムサイ県のパクサン行きというバスに乗ってみた。
ラオスの地図を見ると、ラオス中央部(サイソンブン)の山を避け、東側をまっすぐ南に下る新しいルートである。
しかし、その国道4号線の旅は未だ厳しく、ほぼ全線が未舗装路である。

画像


パクサンまでの所要時間はおよそ11時間。
途中、村々で多少人の乗り降りはあるが、それでも他のルートと比べると圧倒的に少ない。

画像


大半は硬く締まっているので、中国製のマイクロバスでもそこそこ飛ばせるが、時折やって来る木材を積んだ大型トラックとすれ違うときは徐行、または停車を余儀なくされる。

画像


辛いと言えば辛い。
それはラオス人にとっても同じようで、特に車に弱い人は本当に辛そうにしている。
だが、そんな旅の中で目にするラオスの風景は、やはり圧倒的なのである。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、ぼくもよっぽど疲れていないと
もったいなくて寝ないですねぇ。
何度か訪れていても
その時々で風景や人は表情が変わりますものね。

て、今回なかなか長いですね。
自分もGWあたりに長く出られるようがんばりまーす。
uracci
2008/02/01 19:34
僕も子どもの頃、電車に乗ると外をずっと見てる子でした。

いいですね、ラオスの田舎。
いつか必ず、同行させていただけたら。
をぐを
2008/02/02 03:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
風景がもったいなくて…。 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる