Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ピーマイ・ラオ・愛川

<<   作成日時 : 2008/04/14 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


まだまだ続く、東南アジア諸国の新年のお祭り。

昨日は神奈川県愛甲郡愛川町で行われたラオスの新年会(ピーマイ・ラオ)に行ってきました。

家からだとバスで一本なのですが、乗車時間は40分ほど。
終点の愛川バスセンターから10分ほど歩いたところに突如、ラオスのシンボルでもあるタート・ルアンが出現します。
昨日は生憎の雨でしたが、民族衣装を着た大勢のラオス人が集まりました。

画像


会場となっている通称ワット・ラオ(ラオス寺)は今年、改装したとの事で、新しくなったお寺を見るために来たという人も多かったようです。

画像


そのため、室内は大混雑でみんなで詰め合いながら…。

画像


伝統に則ったお祭りは、お坊さんのお経から始まりました。

画像


お寺は元々が普通の日本の民家なので、決して広くないのですが、その中でみんなで協力して料理を作り、飾り付けをします。
お祭りには欠かせないバーシー膳も沢山作りました。

画像


「ここは私たちの心のよりどころなの」

と、ラオス人のご夫人が仰ってましたが、ここに来るラオス人は苦労してきた人が多いので、皆で新年を祝うこの日はきっと格別の想いがあるのでしょう。

画像


あまりにも人数が多かったからか、バーシーは膳からバーシー紐を室内に張り巡らす形で行われました。

画像


雨は途中から止んだものの、砂山(タート・サイ)作りは行われませんでしたが、屋外ではラオス大使の挨拶(写真)に続いて、ビアラオを輸入販売している寮都産業社長のホンムさんによる乾杯、難民事業本部の方の挨拶などと続き、ラオスの子供たちによる踊りも披露されました。

画像


ビアラオは4缶で1000円という格安の値段で販売されていたので、同じくこの日、僕ら夫婦より先に来ていた友人の山山夫婦と、さっそく買いに行って飲んだのですが、この日は寒くて1本止まり。
あとは家に持って帰りました。

それにしてもここに来ているラオス人たちは皆、日本語が上手で、それからとても優しいです。
本国と同じく初対面の日本人にも
「どうぞ」
「ご飯、召し上がってください」
「楽しいですか?」
と、声をかけたり気を使ったりしてくれます。

ここに来た日本人が、初めて会ったラオス人とほんのちょっとだけ会話しただけで、その感想として
「ラオスの人って優しいですよね」
っていうのは、改めて凄い事だと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
Gucchiさん、こんにちわ!
愛川、行かれたのですね!
ラオスの人は本当に優しいですよね。
日本人にはない何かが?あるような気がします。苦労していても笑顔を絶やさない…。
日々、勉強させてもらってます。
お坊さんも凄く偉いお坊さんだとか…。
会いたかったです…とほほ…。
ふく
2008/04/14 20:21
昨日はお疲れ様でした。
テントの下のラオス料理と、大音量のスピーカから流れるアナウンス、まるでラオスにいるみたいでした。

ラオス人のみなさん、ほんっとに
やさしいですよね〜。ますますラオスが
好きになりました。

教えていただいたレンズペン、近々購入します!

mo_toru
2008/04/14 22:56
>ふくさん

あの寒い中、あんなに大勢のラオス人が集まったのにはびっくりしました。
ラオス関係のイベントは、当ブログでも逐一報告していくので、またお会いできるチャンスはあるかと…(^_^;)

>mo_toru

お疲れちゃ〜ん。
それにしても、あんなに早い時間から来てるとは…。
もうちょっと暖かければビアラオ、がんがんいったのに…。
残念です(^_^;)
Gucchi
2008/04/17 14:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピーマイ・ラオ・愛川 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる