Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレスの原因

<<   作成日時 : 2008/12/16 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

人がストレスを感じるきっかけ。

それは
「自分の思い通りにならない」
という事である。

「自分の希望する事がかなわない」
それは、友人との人間関係然り、仕事然り、時間や金銭的な制約しかり。

ただ、これはあくまできっかけで、ストレスの直接的な原因は、自分自身が持つ
「なんで」「どうして」
という疑問。

答えがわかっていれば、自分自身でも「しゃあない」と思えるのだが、自分ではわかるはずもない事への答えを考えるため、それがストレスとなる。

つまり、逆に言えば、疑問に思わなければストレスにはならない。

この「なんで!」という疑問ループに陥った場合、二通りの道に進むことが多い。
「〜に違いない」
と、いくつかの材料を寄せ集めて、強引に答えを出すというのが一つ。
これも確かに疑問のループから抜け出す方法のように思えるが、不思議と怒りの感情を伴う。
本当の意味での答えではない事を本人もなんとなくわかっているからかもしれない。
もう一つはまったく逆で、
「自分がいけないんだ」
と、自分を責めるパターン。
だが、実はこれも強引な答えの一つで、そう決めたのはやはり自分本人。
自分の最大の味方であるはずの自分が自分を否定するというのは、本来、やってはいけない事で、結局が双方ともストレスの解消には繋がらない。

ストレス発散としてよく言われるのが
「食べる」とか「飲む」とか「カラオケ」とか「大きな声を出す」なんかだけど、「疑問」を忘れるという事においては確かに効果的。
でも、最初っから「疑問」を持たず、そのまま受け入れてしまえるとしたら、もうちょっと楽なのである。

世の中には「わからない」という答えもあるという事。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
細部は忘れましたが「何故」と疑問が多いと文明(だったかな)が発展するとどこかで呼んだような気がします。
何故が出るということは、まだ、自分が発展する余地があるということでしょうね。
ストレスにしないためには、妥協というのもあるのかもしれませんね。
「分からんものはしょうがない。いつまで考えても仕方がない」「まっ、こんなもんかな」で「次ぎ行くか」がいいのでは。
go
2008/12/16 19:05
今の時代は、解らない事、疑問だらけです。
確実に答えを探し出さなければならない以外は、ほどほど、適量と言う様に無難に考えますが、そこは時と場合で個性で、押し通す
ushiwakamaru
2008/12/17 19:58
>goさん
コメントどうもです。
そうなんです。相反する事を書くようですが、人間は本来、ちゃんと考え、疑問を持ち、それを解決する事を考えないと駄目なんです。
簡単に書きましたが、ストレスの場合、本人がその原因すらわかっていないというのが問題なんです。
あ、どこかでやったマウスの実験で、大量のマウスを狭いところに密集した環境で飼育すると、一定の時期で大量のストレス死がおき、その後しばらくすると今度は死なない代わりに知能が落ちるみたいです。
Gucchi
2008/12/18 09:57
>ushiwakamarさん
わからないこと、確かに多いです。
本人が
「うん。この問題はいくら考えても答えは出ない」
となればいいんですが、
「わからない事がわからない」
人も多いみたいで…。
Gucchi
2008/12/18 09:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレスの原因 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる