Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ファーストフード

<<   作成日時 : 2009/01/11 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


発売からずいぶん日が経ってますが、昨日、初めてマックのQUARTER POUNDER(写真)を食べてきました。

いや、良くも悪くもマックの味ですね(^_^;)

でも、自分はこの手のファーストフード系の食べ物がけっこう好きで、アジアを旅していても、実はよく食べていたりするのですが、マックの場合はどこも大体同じような味で、安心感はありますが、面白みはありません。

ラオスにはまだマックもケンタもなく、ハンバーガーよりもフランスパンのバゲットサンドが主流なんですが、個人的にはやはり硬いフランスパンよりバンズを使ったハンバーガーのほうが好きだったりします。
焼きたてだと美味しいんですけどね。フランスパンも。

ラオス南部に住む自分の友人は、昨年から自宅でバンズを焼いて、ハンバーガーを販売しだしたのですが、友人が住む町には元々パン屋さんがなく、ちょっと離れた町から運ばれてくるパンを買っていた町の人に今、大好評だそうです。

さて、ラオスにはチェーンのファーストフード店がないので、自分がこの手の店をよく利用するのはお隣のタイにいる時なのですが、実はマックとかよりも個人の店で食べる事のほうが多いです。
実際、外国人オーナーのレストランなんかではかなり美味しくてボリュームのある本格的なハンバーガーがあったりするからなのですが、値段はやはりそれなり…。
で、ついつい行っちゃうのが、タイ人がやっている店。だって、値段が全然違うんです。

昔、タイ北部チェンライに2ヶ月あまり沈没していた頃、チェンライにはスイス人がオーナーの、美味しいハンバーガーを出す店があったのですが、それとは別に、市内の高校前に出店するワゴン販売の店がありました。
もちろんオーナーはタイ人。
小さなワゴン車で毎日、地元の高校生に売りに来ていたのですが、僕ら旅行者もよく利用していました。
ワゴン車の中で作るハンバーガーやホットドックは小ぶりで可愛らしいものでしたが、ものすごく安く、小腹が空いた時にはちょうどいい感じ。まあ、2個とか買っても大した事ないので、ハンバーガーとホットドック、両方を注文する事もよくありました。
ワゴンにはちゃんとプラスチックの丸椅子も積んであったので、その場で食べる事が多かったですが、タイ人がやっいるこの手の店で自分がちょっと苦手だったのが、タイ製の色の濃い甘いバターでした。黄色くて丸いプラスチックケースに入ってるやつ。
なんか独特の風味があって、自分が普段日本で口にするバターとはちょっと違う感じ。
なので、その後は注文時に
「バター無しで」
とお願いするようになったのですが、これはほかの店でもけっこうよく出てきます。

画像


写真はタイ、ノンカーイにあるダリカというお店のモーニングセット。
こちらもそのバターでした。

でも、この手の店はやっぱり安くて、あと、タイ人の気取ってない感じがいいんですよね。

そう言えば、やはりずいぶん前、チェンマイのターペー門近くにタイ人の姉妹でやっている、なんと日本食の屋台があったのですが、本人たちに聞いてみたら、見よう見まねで作っているという話で、看板の日本語も思いっきり間違っていたし、料理もかなり微妙なものでした。
でも、そういうジャンルなんだと思えば、けっこう食べれちゃうもんなんですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファーストフード Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる