Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS お大尽な旅はできないので…。

<<   作成日時 : 2009/04/05 16:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


ラオスで、最も快適に、効率良く旅をするには、車なり、ガイドなりをチャーターして廻るのが理想的かもしれないんだけど…。

そうするためには、そこそこの資金がなくてはならず、これが、まあ仕方ない事とは言え、ラオスの物価からすると、けっこうとんでもない額だったりもするので、特に長期間の滞在となる場合は、なかなかそんな事もできないでいる。

とは言っても、自分が興味を持っちゃったところにはなんとかして行ってみたい。

と、どうなるか。

なんとか、自力で行けないだろうか…。

と考える事になる。

ラオスの場合、以前は道路整備などの問題もあって、いくら(行きたい)という気持があったとしても

絶対に無理!

という場所がいっぱいありました。

「コイ・ニャーク・パイ」
と言った途端、即座に
「パイ・ボダイ」
と村人に返されたりして…(-_-;)

もちろん今でもそういう場所は沢山あるんですが、以前のように

情報が全く無い!

というところは本当に減ってきたので、そういう意味では旅行は確かにしやすくなってきている。

まあ、結果、景観が台無しになってしまう(しまった)場所もあるんだろうけど(-_-;)

写真は、自分がコツコツ集めた、と言うか、結果として集まった現地で作られている観光ガイドの類。
もちろん地域によって、その出来不出来には差があり、場所によっては

当たり前の事しか書いてない!

というところもあるんだけど、こういったものもあるとないのでは大違い。
以前は全くありませんでしたからね。

さて、こういったものも手がかりにして、ラオスの奥地に分け入って行くわけですが、そうそう、仕事の時などはツアー会社で車やガイドをチャーターした事もあるんですよ。
ただね、彼らは

知らない所は全く知らない。

有名な観光地であれば、至れり尽くせりだと思うんですが、自分が行きたいのはそういうところばっかりじゃないので、いつもう〜ん…となってしまう。

で、結果としては自力で行くという事になるんですが、けっこう体力勝負ですね。
昨年は機材を持って1日12kmほど歩きました。
でも、その近くに住んでいる人はさすがによく知っています。

は〜、まだまだラオスにはそういう場所が何箇所も残っているんですよね〜(-_-;)



ガイド ベトナム・センチメンタル?+ラオス・カンボジア (ここ以外のどこかへ!)
情報センター出版局
福井 隆也

ユーザレビュー:
ベトナム・センチメン ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ディープ・アジア?カンボジア・ラオス・ミャンマー (Up‐front photo documentary guide)
アップフロントブックス
塩沢 槇

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ガイド ベトナム・センチメンタル (ここ以外のどこかへ!)
情報センター出版局
福井 隆也

ユーザレビュー:
古くならないガイドブ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕も若い頃は機材担いで、各地を旅してました。なつかしいです。馬鹿みたいに歩きましたよね。

家庭が落ち着いたらまた行きたいです。
カメラ@NAKAJIMA
2009/04/05 19:31
自分はけっこう歩くの好きなんですけどね(^_^;)

ただ、現地では少数民族の人とか以外、普通のラオス人はそんなに長い距離歩きませんからね。
昨年もムアンクーンの町からジャール4まで行く時に、場所がよくわからなかったので、途中で村の人に聞きながら行ったのですが、僕が
「ニャーン・パイ」(歩いて行く)
と言うと、みんな無茶苦茶驚いていました(^_^;)
Gucchi
2009/04/06 10:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
お大尽な旅はできないので…。 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる