Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS トリミング

<<   作成日時 : 2009/11/04 17:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

デジタルになってから、やたら
「トリミングするのでルーズ目に撮ってください」
とかいうクライアントが増えてきて、ちょっと鬱…。

昔の現場でカメラマンにそんな事言う奴はまずいなかった。

写真は「ピント」「露出」「構図」で決まるって教えられた世代にとって、その内の一つである「構図」を蔑ろにされる事には未だに抵抗がある。

まあ、もちろん、今までの紙媒体だって、レイアウト上「スクエア」で使う場合もあったし、そもそも雑誌の縦横比がフィルムのそれとは違っていたりはしたのだが、スクエアならば最初からハッセルで撮影したり、仮にフォーマットが合わない機材を使うとしても、事前にフォーカシングスクリーンに目印を書いたりして、極力、目一杯のフレーミングをして撮影していた。

ピント(フォーカス)も自動、露出もAE(自動)、構図も適当では、そもそも写真として成立しない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリミング Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる