Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS ホットシャワー

<<   作成日時 : 2009/11/20 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


自分がラオスを旅する季節は圧倒的に乾季が多い。

絵的な事で言うと、実は乾季よりも雨季のほうが空気が澄んでいたり、空の表情がダイナミックだったりして好きなんだけど、ネックになるのが移動。
ラオスでも近年、主要幹線道路は整備され、崖崩れとかよっぽどの事がない限り、バスなどの運行に支障はなかったりするんだけど、自分が行くラオスの田舎のほうでは未だに未舗装の道も多く、更に問題なのは川を渡る橋がなかったりする事で、水の少ない乾季なら強引に川を突っ切る事ができても、雨季で川が増水してしまえばその方法は使えなくなり、行くこと自体が困難になってしまうという場所が沢山あったりするからだ。

ラオスに限らず東南アジアの乾季は11月から3月ぐらい。(南半球では逆)
暖かいイメージがある東南アジアだが、山が多く標高も高いラオスではこの季節、かなり気温が下がる。
ちなみにこの時期、自分が持って行く衣類はヒートテックなど発熱用のTシャツなどはもちろん、防寒用のジャケットやフリース、更には綿入りのオーバーパンツなど、おおよそタイのバンコクなどではまったく必要がないものまで持って行っている。

で、ラオス各地を旅する中で、その日の宿を確保する際、必ず確認しちゃうのがホットシャワーの有無なのである。

最近では国内の電気供給事情も改善され、24時間電気が供給されている町も増えたが、以前は電気が来るのは夕方の6時ぐらいから3時間とかいうところがざらで、そうなると、電気式のホットシャワーがある宿でも、その時間以外は暖かいシャワーを浴びる事ができないため、その時間には必ず宿にいる必要があった。

電気のない町や村では当然のように水シャワー。
そういうところでは逆に暖かい昼間に意を決してエイヤッ!と水を浴びる。
そんな旅をしていましたね。
ま、今でも地方に行けばそんな感じだったりするんだけど。

で、写真はそんなラオスの宿にある電気式のシャワーなんだけど、実は今でも圧倒的にこのタイプのものが多い。
たぶんこのタイプが一番安いんだろうね。

ただ、これがあるからといって決して安心できないのがラオス。

この湯沸かし器は蛇口をひねって水圧を感知するとスイッチが入る仕組みになっている。
しかし、例えばビエンチャンなどの4〜5階建てぐらいの宿になると、高層階の部屋では水圧が少なく、誰かが下のほうの部屋でシャワーを使っていると、水圧が足りなくてスイッチが入らなかったりする。

また、逆に水量は十分なのに肝心な温度が低すぎて、ホットシャワーの意味がないという事もあったりする。

まあ、上記の場合は他の部屋の人と被らない時間でシャワーを浴びるしかないし、下記の場合はなんとか工夫をして少しでも暖かくするしかない。

このシャワーの真ん中についているダイヤルが温度調節のダイヤルなんだけど、お湯の温度はここである程度調節する事ができる。
が!このダイヤルをいくら調節してもお湯が温かくならない場合、このダイヤルではなく、元栓を調節して湯沸かし器本体に入る水量そのものを絞ってしまうのが得策だ。
あんまり絞ってしまうとスイッチが入らなくなってしまうので、ぎりぎりのセンを狙うんだけど、水量を絞ると湯沸かし器からゴーっという音が出るので、その音でも温度が上がったのがわかる。
ちょっと怖いが気にしない。

ちなみにラオス人は熱いお湯を浴びる習慣がないため、ラオス各地にある温泉とかでも、日本人からしたらぬるいと思うところで彼らは平気でお湯を浴びていたりする。
お隣のタイでもその傾向があるけど、温度が高いところでは温泉玉子を作ったりトウモロコシや芋などの野菜を茹でたりして、入浴用には使わない。
日本人だったら絶対、その近くに水を引いてちょうどいい温度にした湯船を作ってしまうと思うんだけど。

画像


ちなみにこちらはポーンサワンのホテルにあった湯沸かし器。
こいつは一旦、この巨大なタンクの中に水を貯め、それを沸かしている。
つまり、このタンク内に蓄えられたお湯がなくなってしまえば、もうホットシャワーじゃなくて水シャワー。
自分はこのタンクがある部屋の鍵を借りていたので、自由にそのメインスイッチを入れ、他の客が宿に帰ってくる前に温かいシャワーを浴びていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ムアンゴイでホットシャワーのある宿に泊まりました。湯沸かし器でなく配管に水と湯があるのです。これなら電気が来なくても湯が使えます。
明るい日中は問題なく湯が使えましたが、冷たい雨の翌朝は水しか出ませんでした。
ろっきい
2009/11/20 17:51
>ろっきいさん

コメントありがとうございます。
ひょっとしたらソーラーシステムかもしれませんね。配管の先が気になります。
Gucchi
2009/11/20 19:05
我が家は水シャワーです。
乾季に入って涼しくなったのはいいけど
恐怖のシャワータイムの始まりです・・・。
れいな
2009/11/23 00:37
>れいなちゃん

水ですか…。
これからの時期、確かに恐怖ですよね…。
Gucchi
2009/11/23 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホットシャワー Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる