Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 紙媒体

<<   作成日時 : 2009/11/21 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像


昨日は初顔合わせで、ある編集プロダクションに行ったんだけど、

たとえそれが初めて行く会社であっても、やっぱりずっと慣れ親しんだ紙媒体の編集をしているところだと不思議と落ち着く。

今は出版社や編プロでもすごくお洒落なオフィスとかもあったりするけど、それでもやっぱりWEBのコンテンツ制作をしているところとは明らかに雰囲気が違って、一体それは何の違いから来るものなのだろう?と考えてみたら、制作物にかける時間の違いかもしれませんね。

手離れのいいWEBの仕事と違って、紙媒体の制作はとにかく時間がかかる。
まあ、結果、スピードを要求されるものに関してはWEB媒体に敵わなかったりするんだけど、その分、一つの制作物に対する思いは大きいように思う。

WEBでもまあ、コンテンツやシステムを一から作り上げるなんて事になると、それはそれで思いも大きくなるだろうけど、今のところ、自分が関わるWEBの仕事はコンテンツ内で使う写真の撮影のみだからね〜。
なので、正直、WEB関係の制作者と仕事以外での接点というのはほとんどなかったりする。

でも、紙はほんと、人と人の繋がりと言うか、実際、一度も仕事をした事がないのに、何度も会ったり酒を飲んだりしている編集者もいるからね〜。

まあ、どっちがどうのという話じゃないんだけど、自分の場合は紙からこの業界に入っちゃったから、未だにそういう現場では落ち着く。と、ただそういう話。

そうそう、WEB上の制作物って、、自分が撮影したやつとか、その都度ちゃんと見つけてプリントアウトしたりして取っておかないとすぐに無くなっちゃうんだよね〜。
今までけっこうやったように思うけど、作品、全然無いなぁ〜手元に。



Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”
インプレスジャパン
渡辺 英輝

ユーザレビュー:
あくまで結果論・・・ ...
事例集としては面白い ...
コラムっぽい印象こん ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

Web2.0時代のインターネット広告?そのしくみから導入まで
日本経済新聞社
佐藤 光紀

ユーザレビュー:
ウェブ広告の「あちら ...
基礎編ですねインター ...
インターネット広告が ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の場合は、相手があまりwebの実績を見ていないと感じたので、リストにしているだけです。プリントまでしていません。
語弊を恐れず言えば、男性の担当者は、中身を見ていないことが多いというか…。媒体名+誌面のパッと見+(自分の場合は)キャッチ、くらいです。見てくれても。
対して女性は、本文やキャプションまでかなり丁寧に読んでくれます。
ここまで言い切っちゃうのは、直近の男性3名が全部「見ない」で、女性が全員「見る」だったんです。
もう、1枚のペラにリストでいいんじゃない?って思う今日この頃…。
でも、ま、それじゃぁ失礼になるのでwebの掲載例は事前にメールでLink貼って送信するようにしています。
uracci
2009/11/21 18:31
追記
「見る」が絶対に正しいってわけじゃありません。媒体名だけで安心してもらえて、トントン拍子に事が進みやすいっていうメリットもあるので。
uracci
2009/11/21 18:32
>uracci

なるほど。参考になります。
しかし、自分の場合は短期掲載や会員制のWEB媒体が多く、リンク貼ろうにも、う〜む…という感じです。
なので、たまに出力してみたりするのですが、プリントだとまた全然感じが違っちゃいますね。

自分も確か、に女性のうほうがちゃんと見てくれるっていうイメージは持ってますね。

あと、紙媒体の事務所って長居できますが、WEB制作のオフィスって長時間いる事ないですね。自分。
Gucchi
2009/11/22 17:15
Gucchiさん、こんばんは。 
同業(?)の柳瀬です。コメントを頂いていたようで、ありがとうございました。 
確かに紙媒体のほうが暖みがある気がします。 
というか紙媒体の編集者と絡む機会は僕はまだあまりないのですが、やはり人と人との繋がりが大事なんですね。それでもなかなか仕事として広がらない時はやっぱり、必殺飛び込み営業しかないんでしょうかね?
YANASE
2009/11/22 20:32
>YANASEさん

コメントどうもです。
飛び込み営業、自分も駆け出しの頃は突電して営業かけてましたが、今は知人の紹介とか、そういうのが主ですね〜。
なんか、マスコミ関係だけじゃなく、良くも悪くも飛び込み営業に対する耐性(上手なあしらい方)が身についてきたような気もするので、個人的にはあまり繋がらない事が多いような気がしてます…。

とんぼさんには先日お会いした時に、人が集まる場所とかには説教的に顔を出したほうがいいよとアドバイスされました。
が、自分の場合、初対面の人に対して
「どうも、どうも〜」
って積極的に声をかけて…っていうタイプでもないので、何回か会っている内にゆっくり親しくなって…ってのが多いですね。

ともあれ、柳瀬さんの場合、まず写真展ですよね。
セレクト作業は大変だと思いますが、絶対観に行きますので、頑張ってください。
必要があれば当ブログでも告知しますよ。
Gucchi
2009/11/23 11:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
紙媒体 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる