Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS F1

<<   作成日時 : 2009/11/04 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ブリヂストンに続いて、トヨタもF1から撤退だそうである。

ショックだ。

F1はフジTVで中継が始まった時からずっと観てきたが、これで(まだわからないけど)来期、F1に参戦する日本企業はブリヂストンのみで、日本人ドライバーもいなくなってしまうかもしれない。

そうなると、フジTVのF1中継もどうなってしまうのだろう?

世界的な不況の中で莫大な予算を必要とするF1への参戦は、企業にとってものすごく負担のかかる事業だ。
なので、撤退という判断も頷ける。

FIAさん、もっと敷居を低くしてくださいよ〜。
参加費(上納金)高過ぎっ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
世の流れに従えば、F1は完全に斜陽産業に他ならないですよね。
なにしろ、エコとは正反対なことをやっているわけで。
でも、そのテクノロジーは世界最先端のエコロジーともいわれているのですが、それがわかりにくい。

もっと、その辺を見えるように、わかるような形にしていかないと遠くない将来にF1は無くなって行くのでしょう。

個人的にはセナとホンダの残照を追いかけるかたちでダラダラと情報だけは気にしていましたが、もはや来期以降への興味は完全に失せようとしています。
そむちゃい
2009/11/04 19:01
>そむちゃいさん

どうも。
自分もセナプロ対決の頃が一番燃えて観てました。
個人的にはマンセルが好きだったんですけどね。

今のF1は、FIAが毎年レギュレーションを変え、縛りが多くなったせいで、誰がチャンピオンになるかわからないという面白さは増えましたが、自動車メーカーにとっては自分とこの技術力をアピールする事ができなくなってしまい、費用対効果も薄れているように感じます。

エコとは正反対に、ガソリンをまき散らして走るのがF1で、スピードや開発を規制すると却って中途半端。
電気自動車のレースや、燃費を競い合うレースは観ていてもあまり面白くありません。
Gucchi
2009/11/06 13:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる