Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 競争心がありません

<<   作成日時 : 2010/04/07 16:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


自分は人と競う事に全く興味がありません。

どうも、一人っ子にはそういう傾向があるみたいですが、フリーで仕事をしていると、ある程度の競争心は必要なのかも?と思ったりもします。

ただ、何だろう?元々ないものを無理にっていうのは、それこそ無理な話ですし、正直、興味がない事に精を出すっていうのは、自分自身が辛いんですよね。

例えば、仕事の話、もちろん自分に声をかけてくれる人には感謝しますし、その人に応えるべく一生懸命仕事をしようと思います。
でも、そこで誰かを蹴落としてっていうのは嫌なんです。
また、自分よりその仕事に適した人がいたら、別に構わないのでその人に…って感じだったりもします。
向上心がないわけじゃありませんが、一番になる事にもさほど興味がなかったりします。
そこそこで良かったり。

でもね、そういう話をすると、自分と違って普通に競争心を持っている人は
「そんなはずない」
「わざとそういう風に言っている」
「偽善者だ」
って裏読みするんですよね。

実はそういうやり取りも苦手で、非常に面倒くさかったりするのですが、かと言って
「はいはい」
みたいな応対をしてしまうと、
「馬鹿にしてる」
って怒っちゃう人とかもいるんですよね。

正直、どうしていいか、わかりません。

人は誰しも、まず自分に当てはめて考えようとするみたいです。
それが一番納得しやすいから。
「自分がこうだから相手もこうに違いない」
っていう理論です。

でも「ない」んです。
だから「ある」を前提に決めつけられても困るんです。

と、雨なんで、たまにはそんな話を書いてみました。

写真はラオス、シェンクアン県ノーンヘット郡のソップ・マー村。



つらい心をあ軽くする本 (ナチュラル&オルタナティブヘルスブック4)
ほんの木
ほんの木

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

相手を活かす競争の原理?未来を啓く日本人の心
風詠社
竹川 信彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

日本のメリトクラシー?構造と心性
東京大学出版会
竹内 洋

ユーザレビュー:
変化する受験・就職の ...
当時の日本社会を表す ...
日本型メリトクラシー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おそらくそれは別ジャンルの話だ、となるかもしれませんがw
「自分」はあるのではないでしょうか?
僕の場合はその「自分」も玉石混合で
マラソン選手のような自分との戦いの感覚もあるのですが、
「会社員に進んだ自分」という
けっこう世間的に見たら小さな戦う相手もあったりします。

「この人に認めてもらいたい」みたいなのはありますが、
同業の他人と順位レースしている感覚は
僕にもないですなぁ。
uracci
2010/04/07 17:41
お久しぶりです。雨の日はいかがお過ごしでしょうか。

今は新たなビジネスを探しています。

自分のやりたい事、好きな事が一番です。

時には競争も大切ですが、争う程でもない時もありますよね。

でも自分から行かないと、何も起きないってのもありますね。

ケンタロウの今がまさにそうです。

わくわくどきどきという気持ちを大切に前へ進みたいと思います。

人間は意外に行動する前から決めつけるんですよね。

いざ、体験してみると逆だったり、新たな発見があったりと、奥が深いものです。

だから決めつけての行動は良くないと思いますね。

ありのままを感じ、体験して初めて感じるものがあると思いますね。
ケンタロウ。
2010/04/07 23:58
>uracci

それが…自分の場合、対峙する自分というのもなかったりして…^_^;
後悔した事がないというわけではないのですが、
「もし…だったら」
という事もあんまり考えないので。
馬鹿なのでしょうか^_^;

「個」としての自分と現在に至る「歴史」は認識できています。
Gucchi
2010/04/08 11:45
>ケンタロウさん

コメントどうもです。

>でも自分から行かないと、何も起きないってのもありますね。

これは痛切に感じる時がありますね。
自分の場合はどっかで
「縁がなかったんだからしょうがない」
って、あっさり諦めるようにしてますが、単に自分が傷つかないようにするための逃げなのかもしれないです。

>ありのままを感じ、体験して初めて感じるものがあると思いますね。

これは自分も大事にしているところです。
Gucchi
2010/04/08 11:49
Gucchiさんのこと、とても共感しました。
私も競争心がありません。
他人が何かをしていてもあまり興味がなく、
極めてマイペースで、一人っ子ではないのに
よく「一人っ子でしょ」と言われてきています。

ですが、振り返るとただ一つだけ自分が競っている相手があって、それは「過去の自分」なのかなと思います。
昨日より今日、今日より明日と、
日々精進をしていかないと、
進歩をしていかなくなっちゃうなと。

私にとって写真は趣味の一つですが、
それでも少しでも上手くなりたいと、
いつも試行錯誤、トライアンドエラーを繰り返しています。

仕事でもそうですね、競うよりニッチな場所を探します。
そういう人もいないと職場がぎすぎすしてしまうでしょうし。
TOM
2010/04/09 23:27
>TOM君

どうもありがとう。
一人っ子だけの特徴かと思っていたけど、兄弟がいてもそうなんだ。。。

たまにはこっちに帰って来る?
また会えたらいいね。
Gucchi
2010/04/18 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
競争心がありません Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる