Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS Asian city

<<   作成日時 : 2010/06/26 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先日、久しぶりに新宿で高いところに上ってみて、
「あ〜、こうやって見ると東京もアジアの町なんだなぁ〜」
なんて事を思った。

曇っていたせいもあるんだろうけど、何と言うか、建物の色や形態に統一感の無い感じが。

例えば、ホーチミンだと思ってみる。思えない事もない。
例えば、バンコクだと思ってみる。思えない事もない。

初めて来た知らない町だと思ってみる。ちょっと不安になったりする。

写真は新宿の某高層ビルから西方向に向いて撮ったもの。
多摩川の向こうの多摩丘陵の丘が連なる様子まで見て取れる。
手前下の緑は新宿中央公園。

ビルも写っているけど、最近はアジアでもガラス張りのビルとか、日本と同じようなのが多くて、だからこういう風景だと違いがあんまり出ないのかも。

地上に降りて、もっとマクロな視点で見れば、もちろん全然違うんだけど。

そう言えば、夢の中にバンコクの町がよく出てくる。

でも、それは現実のバンコクじゃなくて、全く違う架空のバンコク。
夢の中で誰かが「バンコク」って言ったわけじゃないけど、夢の中の自分はそこが「バンコク」だとわかっている。
実はこの架空のバンコクの町が夢に出てきたのは1回や2回じゃなく、もう数え切れない程で、夢の中でも
「自分がまたこの町に来た」
っていう実感がちゃんとあり、時間軸も動いている。
どういう事かと言うと、夢の中で前に泊ったゲストハウスに、再び夢の中で行ってまた泊ろうと思ったら、そこの女の子に満室と言われ、別のゲストハウスを紹介してもらい、次に行った時は最初からそっちのゲストハウスに行って泊ってみたりという事。
ゲストハウスや土産物屋がいっぱい集まっているところから少し外れた静かな通りにある木造のゲストハウスで、1階はウッディーな感じのレストラン&バー。
夢の中では今、そこの兄ちゃんとすっかり顔馴染みで仲良くなっている。

時々は行った事がないところへも行ったりするので、夢の中のバンコクはどんどん拡大していて、もう地図が描けるほど。
大きな通りが縦横に走り、縦の通り沿いには大きな市場がある。
横に走っている通りは上に高速道路が走っていて、その通りをずっと東のほうに行くと、やがては海(港町)に出る。

夢を見だした最初の頃はすごく不思議だったけど、今はもうすっかり慣れて、夢の中で
「あ、またか」
と思えるほどになった。

不思議だが、また夢にこの町が出て来るのをちょっと楽しみにもしていたりする。



中年オヤジのバンコクまん遊術
データ・ハウス
松木昭三

ユーザレビュー:
バンコク遊びの実戦的 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

パタヤー&バンコク 別冊夜の歩き方
データ・ハウス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Asian city Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる