Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS M.ZD17mmパンケーキレンズでお手軽マクロ

<<   作成日時 : 2010/07/12 15:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


写真はUN(ユーエヌ)のMicro4/3 OLYMPUS17mm用クローズアップレンズ。

http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/others/index02.html#7820

17mmのパンケーキレンズに装着するだけで最短4cmでの接写が可能になります。

自分がPEN E-P1でよく使用しているのがこのM.ZD17mmなのですが、小型で気軽な半面、最も困るのがクローズアップ撮影。
そのため、小さなものを大きく写したかったり、被写体に寄りたかったりする時は、撮影倍率が高いM.ZD14-42mmを使う事が多いです。

本格的なマクロ撮影をするのであれば、PanasonicのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.(長い!)というレンズがあるのですが、実売価格で6万円以上するレンズなので、頻度を考えると微妙…。パンケーキよりはずいぶんでかいですしね…。

で、そういう時は結局、先のM.ZD14-42mmにクローズアップレンズを付けたり、マウントアダプターを介してZD(フォーサーズ)の35マクロや50マクロを使っていました。
が、そうするとやっぱりせっかくの小ささが台無しになってしまうんですよね。

と、UNからこのような製品が発売になったという事で早速購入。いろいろ試してみました。

画像


まずは製品ですが、フィルターとかでよくある透明なプラスチックの丸いケースではなく、交換レンズのように前後に黒いキャップが嵌っています。
一緒に入っていた取説によると、先に被せ式のフロントキャップを外し、リアキャップは回しながら外してくださいとの事。
良く見るとリアのほうは簡単なネジが切ってあるんですね〜。
ただ、試してみたのですが、先にリアを外し、フロントキャップがついたまま17mmにねじ込んでも良さそうです。厳密に言うとレンズに負荷がかかりそうなのでお勧めはしませんが。

画像


装着するとこんな感じ。
17mmはカメラの電源を入れると少しレンズが繰り出すので、電源を入れてからのほうが装着しやすかったです。

画像


フロントキャップはこんな感じで、もちろんレンズに装着しても使えます。
残念なのはクローズアップレンズ自体にネジは切っていないので、フードなどは装着できない点。
自分は同じUNのメタルフードを使っているので、できれば付けられるようになってると嬉しかったです。

画像


M.ZD17mmの最短撮影距離は20cmで、これはAF時にピントが合う最短撮影距離で撮影したシマトウ(八丈島のトウガラシ)。

これが、UNのクローズアプレンズを使うと

画像


ここまで大きく撮れます。

上でわざわざ「AF時に」と断りを入れているのは、実はM.ZDのレンズの多くはマニュアルフォーカスにすると更に寄れたりするからです。

これは想像の域を出ない話なのですが、、PENなどのミラーレス機に使われているコントラスト検出方式のAFは、一眼レフに使われている位相差検出方式と違って、ピントが前後どちらにずれているのかわかりません。
そのため、実際にピント位置を前後に動かして最もコントラストが高くなったところを探るという動作を行うのですが、最短撮影距離では前後の「後」が無くなってしまうため、のりしろ分としてちょっと余裕を持っているのではないでしょうか?
そのため、そののりしろ分まで使えるマニュアルフォーカス時には更に寄れるんだと思います。

ファームアップ後はその差が小さくなりましたが、ファームアップ前は特にその差が顕著でした。

こののりしろ分かどうかわかりませんが、実際、M.ZD14-42mmに関しては、同じOLYMPUSのフォーサーズ用レンズZD14-42mmよりも撮影倍率が高いです。
(最短撮影距離はどちらも同じ0.25mになっていますが、最大撮影倍率は0.24倍と0.19倍)

・ZD14-42mmメーカー製品ページ
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/lens/14-42_35_56/spec/index.html

・M.ZD14-42mmメーカー製品ページ
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/14-42_35-56/spec/index.html

・以前に書いた記事(2つのレンズ比較)
http://laoburi.at.webry.info/200911/article_21.html

と、ちょっと脱線しましたが、クローズアップレンズを付けてマニュアルフォーカスでも撮ってみました。
実際の大きさがわかるように5円玉です。
三脚に固定し、五円の付近にピントを合わせています。
AEで撮ったら少し露出がばらついちゃいましたね。
(カスタムWB Aモード ISOオート(1600) ISオフ ノイズリダクション強)

画像


F2.8

画像


F4

画像


F5.6

画像


F8

画像


F11

画像


F16

画像


F22

撮影倍率が高いのである程度絞らないとキツイですね。

UNではパナの20mmパンケーキ用クローズアップレンズも売っていますが、こちらのほうは

注:対象物によっては周辺が流れます。部分的に強調するのに適したレンズです。

という但し書きがありますね。

(メーカーの製品ページは17mmと同じ。17mmの下が20mm用です。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい ここまで良く撮れるんだ、観察や小さい物まで・・優れているんですね。
牛若丸
2010/07/14 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
M.ZD17mmパンケーキレンズでお手軽マクロ Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる