Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 一方通行

<<   作成日時 : 2010/09/13 17:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

先日、「人と会う」という記事の中でもちょこっと書いたが、電話や直接の会話は、双方向できちんとしたコミュニケーションがちゃんと成り立つのに対し、メールやインターネット(チャットは除く)などの場合、すぐに返事をしなくていいという気軽さがある。

人と直接話す場合は、刻々と変わる状況を把握しながら、いろんな事を考えて話す。

が、

メールは受け取った段階では一切、何も考えなくていい。

どころか、

返事すらしなくてもいい。

いや、返事はするべきですけどね。

ただ、会話の場合、同じ話題を同じ時間で共有しているのに対し、メールで受け取ってから有る程度時間が経って返信した場合、もう既に同じテンションを保つというのはかなり難しい話で、じっくり考えて返信したとしても、それはもう過去の話。

ま、言うなれば確かに手紙なんだけど。
それはそれで悪くないと思うんだよね。

「お元気ですか?お変わりないですか?」
なんていうメールが届けば、やはり嬉しいし、画像なんかも簡単に添付できるから、
「先日、どこそこへ行って来ました」
なんていう報告も簡単にできる。

が!

それも、返事があって初めてのコミュニケーション。

Twitterでの勝手なつぶやきと違って、特定の相手に送ったメッセージが返信なしというのは辛い。

「返事がなくても構わない」
「ただ、こっちから一方的に送るだけだから」
なんていう人はいないだろう。

そう言えば先日、このブログにも不具合があって、お問い合わせ入力フォームがあったので、それに状況を書いて送ってみたんだけど、これも返事は来ないんだよね。

https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/inquiry/bloginquiry2.html

どうなんだろ?返事ってやっぱり相当面倒臭いのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は最近、下のように考えています。

過去に人類が遭遇したことのない情報化社会で、
コミュニケーションがあり得ないほど密になっている。

標準の人でもかなり無理な量のコミュニケーションをしている。昔は、早くて町のウワサとか飛脚便でしたもの。

つまり、コミュニケーションがうまい人とか途切れること無く丁寧に対応できる人、全部1日でメールやレスをできる人って、ごく一部の「幸い」な人でないだろうか、と。

翻って考えれば、確かに自分にもコミュニケーションしたいか否かに優劣がつきます。お世話になっている人、友人・知人、オカネのニオイがするところ、には早いです。でも、宙ぶらりんなポジションの人には、すべて早いかというとそうじゃありません。つまり、自分にとっては、過密すぎるのかと。

ペンと原稿用紙で食える実力がほしいwという夢と言うか笑い話が結論になっちゃいます。

同窓会なんて、ウン十年ぶりに会うから感動があるのであって、mixiとかでつながってたら再会の感動が少ない気も。感動を削ってコミュニケーションするって何だ?と、未熟者の私は考えている次第であります、はい。
uracci
2010/09/14 14:47
たしかに、そういう事かもしれません。
自分も密にコミュニケーションするのは限られた人で、限られた時間で良かったりします。

あとは、なんとなく…。

自分は微妙なセンで相手に不快感を与えず、また、返事がない事にも寛容にならなければですね〜。

ただ、諦めが良すぎるというのも微妙なので、そこそこのバランスは保たねば。
Gucchi
2010/09/14 17:05
あと、考えてメールを返信しなきゃいけない人ってのも、何件かに一件、遅くなっちゃいます。
考えているうちに機を逃すというか…。
これは、純粋に反省点なんですが、
でも、そのとき、いい返事が書ける気もしていなかったのも確かなことで…。
難しいですね。
uracci
2010/09/16 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
一方通行 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる