Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 3 to 5

<<   作成日時 : 2010/09/16 17:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

画像


昨日は撮影で大荷物だったので、今日、改めて小川町まで新製品のOLYMPUS E-5を見に行って来ました。

で、第一印象。

ん?

というぐらいE-3と見た目が変わりませんでした。

正面からだとロゴを確認しないと判別できません。

画像


最初、プラザにはずいぶんいっぱい置いてあるんだなぁ〜と思ったら、E-5は1台だけで、あとは全部E-3でした^_^;

ただ、背面を見るとずいぶん変わっています。

画像


まず、液晶モニターが2.5型から3.0型と大型化されたため、モニター下にあった「消去」「INFO」「MENU」「モニター」ボタンは液晶の上方左右と十字キーの左下に移動。更に「ISボタン」と「メディアカバーのロック解除レバー」はスペースの関係からか無くなってしまいました。
ISの切り替えはスーパーコンパネからの操作、記録メディアカバーはE-620やE-30のように手前に引けば開くタイプに変更されました。
メディアはXDからSDに替わり、CFとSDのダブルスロット。
やはり、動画機能があるカメラでXDは辛いみたいですね。

あと、細かいところでは再生や拡大の表示も同じように緑から青の表示に変わっています。

さて、3.0型のモニターはE-P1、E-P2と同じサイズなのですが、バリアングルタイプのせいか、とても大きく感じます。
ただ、モニター自体は非常に軽く、E-3よりも開けやすいかもしれません。
あと、OLYMPUSではずっと据え置きだった液晶のドット数もようやく92万ドットまで上がり、とても見やすく、きれいになりました。
ライブビューでのコントラストAFもけっこうスッと合いますね。
良い感じです。

ファインダー下にある白いやつはなんだろう?某社のアイセンサー?と思いましたが、E-3では液晶の左上にあった環境センサーだそうです。

画像


「仕上がりモード」は「ピクチャーモード」に名前が変わって、「i-Finish」も加わりました。

アートフィルターもてんこ盛りの10種類、全部載せ。

画像


中でも「ドラマチックトーン」はなかなか魅力的です。

画像


あと、今回の売りの高解像度「ファインディテール処理」はやっぱりいいです。
プラザにはE-30とE-5、それにA社(1200万画素)、B社(1800万画素)の比較作例も展示されていましたが、E-5は1200万画素ながらB社の1800万画素と同じぐらい解像しています。
E-3、E-30、E-620では遠景の細かい木々がモヤッととしたり、細い線などがきちんと解像されない場面があったのですが、作例を見る限り、E-5ではきちんと再現されていました。
また、高感度ノイズの処理もISO1600が常用できる感じですね。

よく、ノイズ処理と解像感は相反すると言われていますが、
「ディテールを残すために敢えてノイズを消し過ぎないようにしています」
というカメラは、やっぱりノイジーなんですよね。
で、逆に高感度ノイズがほとんど出ないカメラは、高感度では途端にモヤッとしてしまう。
ところが、E-5ではそのへんを上手にやっていて、ISO1600程度では十分な解像感を保ったまま、ノイズも目立たなくしてるんです。
正直、PENシリーズの1600より全然いいですね。

C-AFなどは近くに動体がなかったため、試す事ができませんでしたが、全体の操作もE-3よりサクサクしているような気がしました。

さて、ここからはマイ・オピニオン。

まず、巷で言われているように「地味な改善」であるというのは、自分もそう思います。
が、同時にフラッグシップ機にはむやみに新機能を載せる事なく、前機種での欠点の改善、操作性の見直し、各部のブラッシュアップに専念してほしいという想いもあります。
E一桁機は自分の場合、完全なるお仕事カメラなので、一番求めるのは信頼性であって飛び道具ではありません。

デジタルカメラは、次々と新しい機能が開発され、毎年のように新製品が発売されます。
が、
「画総数が大幅に上がった新しい撮像素子」を載せたり、「今までになかった全く新しい方式」を取り入れたりよりも、まず、基本的な性能を上げてほしかったりします。

そういう意味ではこれも一つの正解ではないでしょうか。

もちろん、新機能てんこ盛り、世界初だらけの一眼レフ。
それはそれで否定するものではありません。
個人的にはNikon D7000、SONY α55、これから出るであろうPENTAX K-5あたりにも大変興味を持っています。

ただ、E-3使いから見たE-5は、けっこう良いカメラ(真面目なカメラ)に見えました。

と、小川町をぶらぶらしていたら、

画像


トンボさんに遭遇してしまいました。

で、一緒にお茶なんかしてしまいました^_^;

自分がどう頑張ってもE-3で撮れないトンボ写真をE-PL1でサクッと撮ってしまうトンボさんに敬意を表してアートフィルターのファンタジックフォーカスを使用してみました^_^;

トンボさんのトンボ日記はこちら
http://www.tombo-tanaka.com/diary1009_2.html

こちらでは逆にオリンパスプラザでE-5を弄る私の姿が…^_^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
レポートを見ると、
E-3IIって感じですね。
でも、僕は高感度で撮りたいときもあるし、
仕上りをモニタで見なきゃいけない(情けない)
時も多いので、
今回の変更は待ち望んでいたものです。

でも、14-35がほしくて資金を貯めていたんですよねぇ〜。
さ、いずれ買うでしょうが、どっちにいくか。
uracci
2010/09/16 18:56
こんばんは。

先日のコメントありがとうございます。

さっそく触られて来たのですね。羨ましい。

事務所が近いのに展示があるだろうなんて考えていなかったです。

E-3ユーザーのケンタロウですが、今は資金不足のため手が出ません。

早く欲しい。

私も気になるニコンのD7000。

しかし、オリンパスには敵わない気がしますね。

細かな改善こそがオリンパスって感じで、しかも手にした瞬間にその温もりを感じるんモデルに仕上がっているんですよね。

そして、撮った瞬間に撮り手に馴染むってそうそう無いですよ。

それにしてもトンボさんって素晴らしいですね。

PENでトンボを撮れるとは・・・。
kentaro。
2010/09/16 19:26
わたしもこの日の午後、フォトプラザに行きました。
値頃感からE620を手に入れたばかりなのに、オンラインショップが期間限定で10%OFFになってE5が買いやすくなっているので、購買欲を刺激されます。

12-60/E5を手に取った瞬間の感覚はわっ重いというものですが、このカメラを使ううちに自然になれていくように感じました。操作しやすい、使って楽しいカメラと思います。

実にE420とE620を手に取るとE420のほうがわたしの手にしっくり来ます。E620はデブクてISの優位性があっても持って行きにくいのでした。

・・・でも、これ以上は要らないのです。
E620を買わなければ、E5を買ったのですが。
残念な感じ。
ろっきい
2010/09/17 13:03
>uracci

自分も現場で、撮影した画像をクライアントに見せる事が多いので、液晶は綺麗なのに越した事がないです。
一々「色はまた調整しますので…」
なんて言うのに疲れました。

>kentaro。さん

E-3を使っていればE-5はほんとすぐ使えます。
実際に手にして違和感が全くありません。
是非是非、触りに行ってみてください。

>ろっきいさん

ご無沙汰してます。
ニアミスでしたね^_^;

E-620は自分の手にも馴染みません。
持ちやすさで言ったら520でした。
620はかっこいいカメラなのですが、最近では全く出番がなくなってしまいました…。
どうしようかと思っています。

これ以上要らないっていうのもよくわかります。
Gucchi
2010/09/17 17:45
おおお〜ッ E−5見てきたんですか!

外観が変わらないのでインパクトには欠けますが、画質系統が上がっていればグッドですネ♪
E−30にたくさん付いていて「いいなぁ〜」だったフィルター載せてきましたネ(^^)

k10D→k20Dの時「焼き直し、ガッカリ、、開発力無し」と言われたものですが、K20Dの画質向上は凄いものでした(当社比)

これこそが目先のスペックや見てくれとは違った”進化”と言うんだなぁ、、と思ったのを思い出しました
さて、E−3を使っているうちの家内はどう出るでしょうか、、(笑)
ぼんぼん
2010/09/17 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
3 to 5 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる