Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 28mm、34mm、41mm。

<<   作成日時 : 2010/11/01 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先日、羽田空港に持って行ったのはこの3台。

左から反時計回りにOLYMPUS E-P1、SIGMA DP1x、SIGMA DP2s。
全部小型軽量なカメラなので、3台でも割と小さなバッグに収まってしまう。

で、レンズは全て単焦点。
35mm判換算で28mm(DP1x)、34mm(E-P1)、41mm(DP2s)相当の画角。
一眼レフの交換レンズで言ったら、標準系のズームでも全部収まっちゃうこの、微妙な画角のレンズを使い分けるっていうのは、やはり微妙。
ただ、デジタルになって、ずっとズームに慣らされた身からすると、単焦点は新鮮だし面白いんだよね。

銀塩時代は多くのカメラが35mm判のフィルムを使っていたので、体積も重量も違う一眼レフとコンパクトカメラでも焦点距離が同じなら画角も同じだった。

が、デジタルになってからは35mm判(フルサイズ)以下にも様々なフォーマットが存在するようになり、画角は同じでもそのフォーマットサイズにより、焦点距離の異なるレンズが搭載されている。

と、どうなるか?って言うと、画角(写る範囲)はほぼ同じだけど、実焦点距離の差によって写真が異なってくる事となる。
具体的に一番の大きいのはパースフェクティブ(遠近感)。
撮像素子のサイズが違うカメラで画角のみを合わせても同じ絵にはならないんですよね。

さて、ここで面倒臭いと思ってフルサイズのカメラのみを使うっていうのも有りだと思いますが、いろんなフォーマットのカメラを使って、その違いを楽しむっていうのも有りだと思いませんか?

なかなか厄介で難しいですが、画角だけではなく遠近感も考えフォーマットを選ぶというのも更なる表現方法に繋がるような気がしてます。

ちなみに上記3台のカメラの実焦点距離は

E-P1=17mm
DP1x=16.6mm
DP2s=24.2mm

画角で言ったら28mmと34mmのDP1xとE-P1が実焦点距離ではほぼ同じです。
写る範囲と撮像素子の特性、画像処理の違いから吐き出す絵の違いはありますが、パースなどの表現はかなり近く、この中ではDP2sの遠近感だけが大きく違い、この3台で使っていると、バックのボケも含めて標準レンズや望遠レンズを使っているような錯覚にとらわれます。
実際は24mmなんですけどね。

画角は構図を決めるのに重要ですが、焦点距離は表現するのに重要なんです。

いや、自分自身もまだ振り回されているんですけどね^_^;



ケンコー LEE 100X100mm角ポリエステルフィルター ソフト No.3 SP-32 [軟焦点効果用] [038832]【在庫目安:お取り寄せ】
PC&家電《CaravanYU 楽天市場店》
ケンコー ケンコー LEE 100X100mm角ポリエステルフィルター ソフト No.3 SP-32

楽天市場 by ケンコー LEE 100X100mm角ポリエステルフィルター ソフト No.3 SP-32 [軟焦点効果用] [038832]【在庫目安:お取り寄せ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Lensbaby フィッシュアイ オプティック2665
Lensbaby

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lensbaby フィッシュアイ オプティック2665 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
28mm、34mm、41mm。 Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる