Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS iPhone Photo

<<   作成日時 : 2011/02/26 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


自分はいつも大抵デジカメを持ち歩いています。

さすがに一眼レフは辛いので、最近はもっぱらPEN E-P1かSIGMAのDPシリーズですが、iPhoneでも写真を撮ります。

でも実は、iPhoneにする前に使っていたケータイ(NTT DoCoMoのFOMA)では、写真を撮る事はほとんどありませんでした。

その理由は画質。

最近のケータイはものによっては1000万画素を超えるものも出てきて、更に手ぶれ補正や高感度撮影、顔認識機能など、ほぼ電話が出来るコンパクトデジカメ状態。
外部メモリーにも対応しているので、わざわざデジカメを持ち歩かなくても、ケータイだけでオッケーのような気もします。

しかし、過去に何台もコンパクトデジカメを買い、結局は手放してきた身からすると、どうにもこうにもそのへんの画質では駄目なのです。

これはケータイが、という事ではなく、ある一定水準以下のコンパクトカメラ以降が全部駄目という事で、つまりは
コンパクトカメラの中にも多様な種類があり、「コンパクトだけど写りは良く」ないと、長くは使えないという…。
まあ個人的な好みの問題なのですが。

だからケータイのカメラはちょっと…

なんて言っておきながら、iPhoneで写真を撮るっていうのはどういう事なのか!?

と言うと、自分が使っているiPhone3GSのカメラは300万画素で、これも取り立てて写りが良いわけではありません。
いや、どちらかと言うと悪いでしょう。
しかし、これの良さは撮影後、すぐに写真をネット上に上げる事ができるのと、様々なアプリが用意されている点です。

もちろんそれだったらアプリはともかく普通のケータイでもネット接続ができればOKなのですが、今、自分はiPhoneしか持っていないですし、それだけのために今更ガラケーに戻すっていうのもなんだかなぁ〜というわけでiPhoneのカメラを活用しています。

本当はデジカメで撮ってすぐにそのデータをアップしたいところなのですが、リサイズをしなくちゃならないのと、iPhoneへデータを移す手段がないため、そんな使い方になっています。

本当はこれでいければ最高だったのですが、残念ながら自分のカメラは非対応のE-P1、更にこれ自体がiPhoneへの転送は非対応…。

でも、これだけTwitterやFacebook、ブログなどが流行ってくると、そういう需要は更に増えそうです。

今のところはこれが一番現実的かなぁ〜。
http://www.eyefi.jp/topics/2011/01/05/direct_mode_release.html

写真はiPhone 3GSで撮影したものをiPhone用のアプリCatoonerizerで加工したもの。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
iPhone Photo Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる