Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS 1日1ギャラリー?

<<   作成日時 : 2011/11/11 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


一昨日は午前中、家で作業をしたのち、撮影に使うバック紙を買いに新宿のヨドバシへ。

夕方には海老名で人と会う約束があったので、東京ではそんなに時間がなかったのですが、観たい写真展もいくつかあり、会期が長いものはいいのですが、来週は連日撮影があるため、来週までという写真展はなんとか観ておきたいなぁ〜などと思っていました。

しかし、写真のギャラリーというのはあちこちに分散しているため、いざ、梯子しようと思うとそれなりに時間がかかるんですよね…。

自分がさしあたって観たかった写真展の会場は新宿、渋谷、小川町、品川、銀座と、広範囲に分散していたため、本来だったら1日空いてる時にぐるっと…というのが理想だったのですが、先に書いたとおり、本当に時間がない。。

で、一昨日は、新宿に行ってそのあと渋谷だけという事にしました。

画像


渋谷で写真展を開催しているのは「ニャンコ先生」こと、曽根原昇さん。(写真)

この日はTwitterと携帯で連絡を取り合い、自分が買い物をしていたヨドバシの3階にふらっと現れ、その後、再度新宿駅近くで待ち合わせをし、渋谷の会場まで一緒に行きました。

バルト3国という、自分にとっては未知の世界のイベントと同時開催の写真展で、エストニアという未知の国のキフヌ島という未知の島で撮った写真。

アジアの痛烈な光もいいですが、北欧の柔らかなな光の中で撮られた穏やかで、ちょっと落ち着く写真。

曽根原昇写真展【KÜLGKORVIGA】
は、11/12(土)まで、渋区文化総合センター大和田で行われています。

画像


昨日も用事があって新宿に出たので、今度はエプサイトギャラリーで行われている写真展「Calico Factory Artisans」を観に行って来ました。
作者の吉田亮人さん(写真)が在廊されていて、
「どうでしたか?」
と聞かれたのをきっかけに長く話し込んでしまいました。

こちらはインドの更紗工房で働く人たちを撮った作品で、強烈な赤の色が印象的でした。
また、写真の中に作者を見る事ができる、ある意味勢いを感じる写真でしたね。

吉田亮人写真展【Calico Factory Artisans】
は11/17(木)まで新宿のエプサイトギャラリーで開催されています。

実は一昨日(9日)の夕方、海老名で会ったのも写真関係の人たちで、1日1ギャラリーしか廻れなかった2日間でしたが、実はかなり濃い2日間になりました。

これはまあ写真家という事に限定しませんが、やはり時間と縁があったらいろんな方と会って話してみる事で、自分の知らない世界を知ったり、自分自身の想いを整理したりできます。

旅に出るのも手っ取り早いですが、日常の中でも出会いはいくらでもあるものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1日1ギャラリー? Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる