Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS コンパクトカメラ選び

<<   作成日時 : 2012/12/27 13:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


カメラの種類を大別すると「一眼レフ」「ミラーレス」「コンパクトカメラ」みたいな事になるんだけど、この「コンパクト」の中には全然コンパクトじゃないやつもあるし、一眼レフと違って「ミラーボックス」やレンズ交換を行うための「マウント」なんていう制約がないために、極端な事を言うと、いかようなデザインも可能だ。
まあ、あまりに奇抜なものは売れないと思うけど。

「コンパクトカメラ」の意味は本来、その名の通り「コンパクト」な「カメラ」だった筈だが、「一眼レフ」や「ミラーレス」ではない「非レンズ交換型カメラ」「レンズが固定されていて交換できないカメラ」みたいな意味合いでも使われている。

「コンパクトデジタルスチルカメラ」の略から「コンデジ」とも呼ばれているよね。

しかし、先に書いたように、その設計にはあまり制約がない、正確に言うと1台完結型のカメラだから、同メーカー製であっても他のカメラと操作性を同じにするとか、デザインに統一を図るとか、一切考えなくてもよい。

というわけで、この「コンパクトカメラ」という括りの中には実に様々な形、大きさの「コンパクトカメラ」というものが存在する。

それらをまあ、勝手に分類してみると、まず、

「普通のコンパクトカメラ」

大体、日常よく使うであろう焦点距離のズームレンズ(35mm判換算で28〜100mmぐらい)を搭載したカメラで、サイズ的にも誰もが「コンパクト」と思えるサイズ。

基本的にオートで撮る失敗が少ない設計思想で、初心者にもわかりやすく安価。
まあ、値段が安い分、安っぽくはあるけどね。
でも、写真はちゃんと撮れます。

「屈曲光学系カメラ」

くっきょくこうがくけい?ってなんだか難しいけど、簡単に言うと、通常まっすぐカメラの前方方向に伸びてるレンズを縦とか横にしてカメラボディの中に収めちゃったもの。
レンズって1枚じゃなくて何枚も入ってるから嵩張るんだけど、プリズムとかを使って途中で光を90度曲げちゃう。
メリットは撮影時にレンズが伸びたりしないのでカメラ自体がコンパクトで薄く、比較的起動が早いものも多い。
でも、一般的には間に余計なものが入っているので、画質は落ちると言われている。
実は自分はこの「屈曲光学系カメラ」が大好き。

「防水カメラ」

水がかかっても平気で、極端に深いところでなければ海などの水中でも使えるカメラ。
更にこの防水カメラの多くが「耐衝撃性」といって、多少ぶつけたり落としたりしても壊れないようになっている。

ちなみにこの防水カメラの現行機種全部が上記の屈曲光学系だったりする。

画像


自分が今年の夏に購入したこの「OLYMPUS TOUGH TG-620」も屈曲光学系の防水カメラ。

防水と耐衝撃性能は値段に比例。高いものほど良い。
あと、レンズの位置は左上にあるものと真ん中にあるものがあるんだけど、自分は左上のほうが好み。
昔はできないって言われてたけど、最近のは屈曲光学系でも手ぶれ補正が可能になっている。

「高倍率ズーム機」

これって、初心者の方にわかりやすく言うと、要するにものすごくズームできるカメラ。
正確にはものすごく画角を変える事ができるカメラ。
コンパクトカメラの世界では何故かメーカーも「ズーム比何倍」とかいう書き方をするから、なんかそれがでかいほうが凄いって思っちゃう人もいるみたいだけど、この「ズーム比」っていうのは、一番望遠になる焦点距離を一番広角になる焦点距離で割ったもの。
だから、35mm判換算で28〜280mm相当でも35〜350mm相当でも同じ「10倍ズーム」。

最近はこの「高倍率ズーム機」っていうのも一括りにできないような気がしてきて、「一眼レフっぽい」のと「コンパクトカメラっぽい」ので分けたほうがいいような気がする。

主流は「一眼レフっぽい」の。
このズーム比ってよく「光学30倍」とか、そういう書き方をしてるんだけど、つまりソフトで拡大とかじゃなく、純粋にズームレンズの中の一部のレンズ群を動かして焦点距離を変えてるんだけど、これが実は全体ではものすごく沢山のレンズが必要。
で、そうなるとレンズがいっぱいある分、こんどはF値って言われるレンズの明るさが暗くなって、暗くなったらもう撮れませ〜んとかぶれちゃいま〜すっていうカメラになっちゃう。
なのでレンズも大きなレンズを使って、明るさを稼ぐんだけど、そうするとレンズ部分がものすごく大きくなるので、保持しやすい形状にすると、どうしても一眼レフのような形になるんだよね。

ちなみに最も巨大なものはフジのX-S1というカメラで、その重さはなんと900g以上ある。

もう一つの「コンパクトカメラっぽい」のは、ズーム比を20倍以下に抑えて、その分小型軽量になっているカメラで、撮影時はレンズがびよ〜んと伸びるけど、レンズを収納した状態だと普通のコンパクトカメラと見分けがつかない。
それでも望遠側は35mm判換算で500mmオーバー。一眼レフだと超望遠の世界。

デジタルズームや超解像ズームを使うともうとんでもない世界です。はい。

「高級コンパクト」(ハイエンドコンパクト)

銀塩(フィルム)カメラでも流行ったけど、まあ要するにコンパクトだけど作りと写りが良いカメラ。
比較的明るい単焦点やズームレンズを搭載していて、カスタム機能も豊富。

画像


自分の持っているOLYMPUS STYLUS XZ-2はこのカテゴリーのカメラ。

ああ、あと、

画像


SIGMAのDPシリーズもそうか。

写りを追求しているので、撮像素子も大きなものを採用しているカメラが多く、中でも一番大きいのはSONYが今年発売したDSC-RX1というカメラで、フルサイズセンサーを搭載している。

主流はAPS-C(ニコンでいうDX)サイズだけど、これより小さなセンサーのものも多い。

で、自分はけっこうこれらのコンパクトカメラって好きなんだけど、その理由は、

@まず1台完結。

一眼レフやミラーレスだと、どうしてもマウント縛りがあって、違うメーカーのものって買いにくいんだよね。
でも、コンパクトカメラはレンズ交換ができないので、そのへんの事を全く考えずに買う事ができる。

A豊富なデザイン。

例えば一眼レフで、Nikonのカメラを使っていて、新しくCanonを買い足したとしても、多少の違いあっても同じ一眼レフだから、デザインはそれほど大きく違わない。
それがコンパクトカメラだと、もう一眼レフっぽいのから板みたいなものまで実に豊富。
最近はあまり冒険的なデザインのは出なくなったけどね。

B一芸に秀でたものが多い。

どんな場面でも対応できるっていう意味では、レンズ交換型カメラのほうが全然いいよね。
でも例えば秒間30コマとかの高速連写とか、レンズ前1cmのスーパーマクロとか、なんか、コンパクトカメラって挑戦的だよね。
顔認識やペット認識、手持ち夜景やパノラマ合成など、その一部はミラーレスのカメラとかにも搭載されるとようになってきたけど、始まりはコンデジからみたいなところがあって、そういう技術革新みたいなの、けっこう好きなんだよね。

C気軽

パーティーとか、友達に会うのに一眼レフを持ってくって無粋じゃない?
写りがいいのはわかるんだけど、いつでも一眼レフってわけにもねぇ。
そういう意味ではミラーレスが両者のいいとこ取りなんだけど、交換レンズを持って行くとかなるとまたね。。

Dトータルでコンパクト

カメラが小型軽量だと、カメラ以外のもの(カメラバッグ、三脚など)も全部コンパクトになり、ものすごく身軽でフットワークが軽くなる。

最後に自分がコンパクトカメラを選ぶポイントは、

「自分が既に持っているものと被らない」

って事と、

「使うシチュエーションを考えて買う」

って事です。

同じようなカメラはやがてどちらか一方しか使わなくなるし、使用目的もわからないカメラを買ってもたぶんそれは単にオブジェと化します。
カメラは写真を撮るための道具だからね〜。
ミラーレスとかも、レンズキットとかだったら安いのも多いんだけど、この「被る」という理由から複数マウント化はしない。

高倍率機、持ってないのでちょっと欲しかったりします。
友人のライブとかを仕事じゃなくて、プライベートで撮ったりする時や、家の近所で鳥とか撮る時用に。

これとかいいよね〜。




RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1
リコー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Canon EFレンズ EF50mm F2.5 コンパクトマクロ マクロレンズ
キヤノン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon EFレンズ EF50mm F2.5 コンパクトマクロ マクロレンズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンパクトカメラ選び Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる