Neutral

アクセスカウンタ

zoom RSS FUJIFILM X100S

<<   作成日時 : 2013/04/08 12:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ちょっと今、このカメラを試しています。

天気が悪い日が続いちゃったので、まだあんまり撮影できていないのですが。

画像


35mm判換算で35mm相当の画角というのは日常的にも使いやすいですね。

「ズームのほうが便利じゃん」という意見もあるのですが、単焦点1本勝負ってそれだけで写欲がかきたてられたりするのは銀塩世代だからでしょうか。
撮る前からもう自分の目を35mmにしておけば、案外悩まず撮れるもんです。
ズーム操作がない分、思い切りもよく、速写性にも優れています。

画像


それにしても各社、解像力を重視したカメラが増えてきました。
まあ、画素数的にはけっこう来るところまで来ちゃった感もありますし、撮像素子を大型化するにもむやみに大きくすると、コンパクトさが犠牲になったりもしますからね〜。

画像


とまあ、例によってこのカメラのインプレッションですが、やはりファインダーが気持ちいいです。
ものによっては液晶モニターを使って撮影する事もありますが、このカメラの場合、気がついたらほとんどファインダーを覗いて写真を撮ってました。

画像


AFとかの速さについては、前機種のX100を使った事がないので、比較はできないものの、X-Pro1(初期ファーム)と比べるとかなり良くなっていると感じます。
ただ、光学ファインダーで撮るとけっこう
AF!
というマークが出て、ピント合わせを諦めちゃう事があり、不思議な事にEVFに切り替えるとピントが合うという。。
ちょっと謎。

画像


実は自分の場合、前機種のX100には全く心を動かされませんでした。
というのもセンサーが普通のセンサーだったから。

これが、X100SはX-Pro1やX-E1と同じAPS-C X-Trans CMOSセンサー、しかもUがついて位相差も搭載。
と、ある意味、センサーだけに限って言えば、フジフィルムで最も優れた最新型のセンサーなわけです。

一眼レフのサブにコンパクトカメラを使うっていうのはあるんですが、この時問題となるのがコンパクトカメラのセンサーサイズ。
これが極端に小さなものの場合、撮る際に、やっぱりここは一眼レフで!となって、結果、コンパクトカメラは一眼レフが壊れたり、その時持っていなかったとかの、本当にいざという時か、あくまでメモ的に…みたいな事になりがちだったりするのです。
銀塩の時は一眼レフもコンパクトカメラも同じフィルムを使っていたので、サブとは言っても、もうちょっとそのポジションが高かった。なんて事を言うと自分でも歳を感じますが。

でもまあ、一緒に使うという事においては同じセンサー、同じサイズってかなりいいんです。

下手したら35mm相当で撮る場面はこれに任せて、35mm相当のXシリーズのミラーレス用レンズはハナから持って行かないなんていう選択肢も有りかもしれません。

まあ、いずれにしても合計3台って事にはなりますが。

あ、それからこのカメラ、APS-Cにしてはかなり接写もいけるのが個人的にはかなりポイント高いです。
色とボケ味、諧調表現もいいですが、JPEGが良過ぎてRAWをあんまり使わなくなりました。

あと、レンズは開放だとかなりソフトです。
上にあげた写真はほとんどF2.8〜5.6ぐらいで撮っています。

詳しい検証はまた後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUJIFILM X100S Neutral/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる