テーマ:撮影

日常マクロ

仕事でマクロ撮影って、実はあんまり頻度が無いので、一眼レフ用のマクロレンズは家に置いて行く事が多い。 というのも、OLYMPUSのフォーサーズシステムの標準ズームはそこそこ寄れてしまうので、ちょっとした小物撮影とかであれば、十分撮れてしまうから。 日常のプライベートの撮影のほうが、接写の頻度は高くて、わざわざマクロレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリミングってどうなのよ。

高画素のカメラでトリミングすればいいっていう話を聞くと、う~むと思う。 自分は考えが古いのかもしれないけど、トリミングに関わらず、あとで処理すればいいという考え方にはどうにも納得できなかったりするのだ。 銀塩の頃から、プリントの際にトリミングで調節っていうのは確かにあったけど、雑誌などだと編集の方が申し訳なさそうに …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新潟ロケ

一昨日から新潟にロケに行っていました。 東京から車で5時間ほど。 編集者とは高田馬場で待ち合わせだったので、そこまでは電車で1時間半…の筈だったのですが、人身事故により小田急線が止まり、途中の成城学園前駅で編集者に電話。 しかし、すぐに折り返し運転が始まり事なきを得ました。 馬場には待ち合わせ予定時刻の11時頃にきち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カワセミ

カワセミはやはり人気の鳥ですね。 綺麗な鳥ですからね。 今回はカワセミの写真も沢山撮りました。 ただ、この鳥を撮るには必然的に超望遠レンズが必要になりますね。 上の写真はたまたま近くで撮れたのでOLYMPUS E-5に50-200mmとEC-14(1.4倍のテレコンバーター)を付けて撮影し、現像時にトリミング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡航前

不思議な事に、どっかに行く前は決まって忙しくなる。 いや、レギュラーワークを撮り貯めておくとか、そういう事ではなしに、何故か撮影依頼が相次ぐのだ。 田舎に帰っている時とか、海外に行く直前とか。 自分はけっこうのんびりしていて、時々何かを忘れたりもするので、本当は海外に行く前にはちょっと落ち着く時間が欲しかったりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒砂山

土曜日は、島の同級生K君と共にカメラを持って島を周った。 そして最初に行ったのがこの黒砂山。 黒砂山はその名の通り、溶岩が砕けて細かくなった黒い砂で出来ている山で、実は山というより斜面なのだが、恐ろしいのはその斜面の先が断崖絶壁でその更に先は海という…。 つまり、落ちたらもう命がないという場所なので、砂の斜面自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空木

いや、実は島に帰っていたんだけど、 帰る日、船に乗るまで時間があったので、高校時代の先輩とスカイツリーなんぞを見に行ったりしてました。 着いた頃には既に日も暮れ、三脚もなく、手ぶれ補正機能付きのカメラもなく…。 仕方ないので、フェンスの上でカメラを手でがっちり固定して撮りました。 近くで見るとさすがにでか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スローシャッター

取材ではよく手持ちで低速シャッターを切る。 とは言っても、もちろん限界はあるわけで、手ぶれ補正機能に頼っている部分もあるけれど、1/15秒以下に設定する事はまずない。 人物とかだと、被写体ブレもありますからね。 銀塩時代には、ぶらさないためには使用レンズの焦点距離分の一以上のシャッタースピード(つまり、100mmの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港国際線ターミナル

土曜日はフリーエディターの小倉さんと、写真家の福井隆也さんと羽田空港国際線ターミナルで待ち合わせ。 そう、これから皆でハノイです。 なんて事ならとっても嬉しかったのですが、元々、台風が来るなんて予想してなかったので、久しぶりに会いましょう、じゃあ、早い時間に会って軽くぶらぶらとスナップ写真でも撮って歩きますかぁ~なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フリーの宿命

今日は、今日の明日という撮影依頼が立て続けに2本…。 最初は明日と明後日だと思って両方受けたのだが、今日が26日だと勘違いしていた事に気がついて慌ててTEL。 はい、ギャラがいいほうの仕事が流れてしまいました…(涙) でも、これはフリーだと仕方がないんですよね。。 基本的にフリーは受けた仕事を受けた順番で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プロのいない現場

プロのいない現場というのはけっこう辛い。 いや、もちろん、仕事の現場なので、携わる人は何らかのプロという事になるのだが、ここで自分が言うプロとは、仕事の目的をきちんと理解し、より良いフィニッシュを考えられる人という意味で、自分の仕事だけこなして他の事は知らないよという人は、自分の定義からするとプロ意識の低い人という認識なのだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

M(マニュアル)モードでISOオート

一眼レフの場合、メーカーによって多少の表記の違いはあるものの、露出モードは基本的にP(プログラム)、A(絞り優先AE)、S(シャッタースピード優先AE)、M(マニュアル)モードの4つがありますが、撮影者が絞りとシャッタースピードを自分で選んで設定するのがこのM(マニュアル)モードです。 昔は露出計を内蔵していないカメラもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZD150mm F2.0 ED

実はこのレンズって、今まで使う機会がまったくありませんでした。 なんか勝手に重くてでかくてAFも遅いというイメージを持っていたのですが、実際には小型で、それほど重くもなく、AFも速い。 今日は夕方から撮影が入っているのですが、打ち合わせ段階から会場が暗いという事がわかったため、少しでも明るいレンズを…という事で借りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-3を置いていく勇気。

使用する機材は、仕事内容に合わせて選択する。 明日は久しぶりの地方取材。 先ほど、担当者との打ち合わせを終え、明日はE-620とPEN E-P1で仕事をする事に決めた。 実はちょっと不安…(^_^;) 写真はE-620とZD8mmF3.5Fisheye
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クローズアップレンズ

PEN用の2本のレンズは、前にも書いたとおりそこそこ寄れるのですが、やっぱりもうちょっと寄りたいという事で、クローズアップレンズなんかを購入してみました。 フィルター径はパンケーキが37mm、14-42が40.5mmとかなりの小口径。 まあ、どちら用でもいいやと思って店に行ったら、37mm径のものは一つもなく…。 40…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

悩ましいiAUTO

PEN E-P1には、カメラが勝手に判断してシーンモードを切り替えるiAUTO(iオート)というモードがあるのですが、これがなかなか悩ましい。 取説によれば… カメラが撮影シーンに最適な撮影モードを【ポートレート】【風景】【夜景】【スポーツ】【マクロ】の中から自動で選択します。 となっているんだけど、なるほど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PENでSNAP

今日は新宿でカメラマンの友人とも会ったので、カメラ屋さん巡りなんかもしながら、軽くペンでスナップ。 写真はペンの画像合成機能で、風景と友人が食べ残したパセリを合成。 ちょっと面白い感じに仕上がった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PEN E-P1が届きました。

まず、箱の小ささにびっくり! 箱を開けるとボディと二つのレンズ、充電器、CDや取説、保証書、コード類などがぎっしり詰まっていました。 E-620と並べてみました。 やはりペンタプリズムやグリップなどがない分、コンパクトですね。 発表会の時はシルバーボディーばっかりいじっていて、実はホワイトボディー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

JPEG撮り

先週金曜日から日曜日以外ずっと撮影が入ってました。 その日曜日もちょっと用事があって、朝早くから出かけたため、超寝不足です(-_-;) 通常、仕事で撮影を頼まれた場合、何も言われなければとりあえずRAWで撮っておこうと考え、今までもそうしてきたのですが、今回はちょっと考えを改めました。 納期まで余裕がない撮影はもう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ダイヤルが3つ欲しい。

一昨日、昨日と、とある仕事でE-3×2台とE-620で、総撮影枚数は3000枚以上…という撮影をしていました。 正直、クタクタです(-_-;) でも、明日もあったりします(-_-;) ま、仕事だから仕方ないし、仕事があるって事だけでも感謝しなくてはいけないのですが。 で、その3000回以上シャッターを切る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

OM FOURTHIRDS ADAPTERを使ってみる。

というわけで、マウントアダプターを使ってOMマウントのレンズをE-620につけ、試写してみました。 とは言っても、今日は家で現像作業をしなくてはならなかったので、自宅周りで適当に…なんですが(^_^;) 写真左上の青いのがOM FOURTHIRDS ADAPTER、 その下の赤いのがAUTO EXTENSION TUB…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

840mm

今日はやっと雨が止んで、午後遅くからは久しぶりの青空となりました。 夜になってからふと見ると、すっかり雲もなくなり、月が出ていたので、自宅2階の窓から写真を撮ってみました。 E-3にZD300mmF2.8、更に×1.4のテレコンバーターEC-14を付け、焦点距離420mm(35換算840mm)で手持ち撮影です。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-620を使いこなす(ISO AUTOとノイズ編)

E-620のISO感度は、100~3200の幅で設定する事ができます。 しかし、当然の事ながら、高感度になればなるほどノイズは増え、許容範囲の個人差はあるものの、あまり高感度だと満足できない画像になってしまう事もあります。 このカメラの基準感度はISO200で、この感度で撮影したものが階調なども一番良好だという事です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The・テキトー・ライティング

インタビュー撮影などの時は、大体モノブロックのストロボ×2灯を持って行くんですが、 自分が使っているのは、写真のMettel MT-160という、低価格のいい加減なやつだったりします。 アメリカ製で作りも簡素で、チャージもフル発光だとものすごく遅かったりするんですが、小型(10cm×19.5cm)軽量(800g)なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インタビューにはこれかも♪

先日、インタビューの撮影で初めてこのレンズを使ったんだけど、いや~、かなり好いかも♪ インタビュー撮影って、1カット撮ってお終いじゃなくて、左右正面、ハイアングル、ローアングル、寄り、引きと、けっこういろんなカットを撮ったりするんだよね。 正面にはインタビューアーがいるから、必然的にハイアングルやタイトな絵になるけど、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Halo

過去に撮った写真のネガポジを整理中。 写真は、タイのチェンライで撮影した太陽の輪(Halo)。 何かに使う予定もないのに、いろいろ撮ってるもんです(^_^;) 使用機材:Minolta α707si+AF24-85mmF3.5-4.5
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像力

何でもかんでも現場に持って行っちゃうと、重いし、結果として、実際に使うものも取り出しづらかったりするので、いつも、機材はセレクトして持って行ってます。 撮影の依頼は大抵、 「いついつ」「どこどこで」「何時間ぐらい」「ギャラは…」「納期は…」 といった内容でメール、もしくは電話が来るのですが、ここで更にちゃんと聞いておか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、今日。(参)

それでも、この日は相当歩きました。 で、歩きながらスナップもしました。 写真はE-620のアートフィルター「ポップアート」を使用して撮った写真をさらにフォトショでいじったものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9-18で自宅のバラ

自宅に植えているバラ(カクテル)が満開です。 こないだは一輪だけを寄りで撮ったのですが、今日はワイドズームを使って引きの絵を撮ってみました。 ご覧のように道路際の狭いスペースにあるので、あまり伸びてくると切らなくてはならないのですが、やっぱり原色の花を咲かす植物が一つぐらいあるといいですね。 OLYMPUS E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more